やっとお休みでやっとプリンター買い替え・印刷とくればペッタンモンガー!

c0040422_1931439.jpg

こんばんは、Gです。今日と明日は2連休です。今頃2連休といわれても・・・。まあ、休める事はいいことなので、今日はやりたい事を沢山やっておきました。散髪、ウルトラマンレオのビデオの返却(1日延滞でした・・・)、明日の友人との待ち合わせの電話、このブログの資料のためのビデオ鑑賞、そこからのイラストの描き起こし、そして疲れを取るためのちょっとの時間の昼寝などなど。まあ、お休みでもいろいろとやる事があるわけです。

で、今日は待ちに待ったプリンタの買い替え日。以前に仮の予約をしておいたCanonのプリンターを購入に行きました。なんとか今回の給料で払えそうなので。昼寝から起きたら、たまたま勤め先から母が帰ってきてて、そのまま近所のコジマへ行き買ってきました。今まではこういった商品は全て画像重視でEPSONを愛用してたGですが、バイト先の店長さんから、もしプリンターを買い換える予定なら別に印刷の仕事を依頼したい、という事もありましたし、もういい加減にハガキを縁無しで印刷したかったので、当初は11月に買い換える予定だったのを今月に繰り上げて買い換え、そういう仕事の依頼となるとコストパフォーマンスを考えねばならず、ネット上での価格プラス送料に毛が生えた程度の値段でしたので、思い切ってCanonにしました(け、けっしてハセキョーに負けたわけではないぞ!)。でも、スキャナはまだEPSONだよーん。当時7万円以上もした最高級品なので、下手に複合機を買うよりはGのスキャナのスキャンの水準の方が非常に高いので、プリンターのみの購入でした。大変満足してますが、最近のプリンターって、ケーブルは付いてないのね。車の灰皿がオプションみたいな感じっす。結局もう1本USBケーブルを買いに再度コジマへ行く羽目になるのでした。でも、まあこれから色々と試してみて、内職するでえ!

で、今日のイラストですが、今朝ビデオで見たものではなく、プリンタという事で印刷関係の特撮キャラにします。そんなのいるのかって?それがいるんですよ、ゲロゲーロ!(また青空師匠すみません)太陽戦隊サンバルカンに登場の敵組織・ブラックマグマの機会生命体のペッタンモンガー。印刷というよりハンコの怪人です。あ、これ、けっして水木しげる先生の妖怪ではありません(笑)。デザインはバトルフィーバーJのメインをやってた久保宗雄氏。うーむ、なんか最近戦隊シリーズばかりやってるような・・・まあ、いいか!新作だし!実はこのペッタンモンガーはGにとってはトラウマの怪人の1人でして。なんでかといいますと、こんな顔してますけど、やってる事がメチャクチャ怖いんですよ。顔の口にあたる部分に黒い穴が開いてますよね?彼の最大の能力は「ペッタン顔写し」なるもので、この口に人間の顔を無理矢理入れて、奇怪な顔の仮面をペッタンとくってけて人々を暴れさせる。別に暴れさせるだけならいいのですが(いや、実際はよくないけど)、その暴れる要因がその仮面をかぶった人間の理性を外すものだったのが、Gには非常に怖かった。理性をなくして狂ったように暴れまわる仮面の人間の様が異常にリアルだったのである。人間って、たがが外れるとこうなっちゃうんだ、みたいな。しかもこの仮面はペッタンモンガーの念力によって操る事もでき、仮面の目から光線を発することもできる。このモンガーの出現によって理性をはがされた人間は本性を表してしまうので、たとえ仮面が外れても「ああ、こいつはこんな事思ってたんだ」と周囲から白い目で見られるという、新たな苦しみを味わってしまうのである。厄介なモンガーである。ただ、この仮面をサンバルカンにつける事は出来なかった。その辺がヒーローなのかな?このお話では前作デンジマンのカイガラーのエピソードで悩む海彦一族の1人の青年・海原を洋太郎演じた野内俊司氏が出演、自らの本性に苦しむ青年・青柳大介を好演している。・・・でも今考えても、怖いなあ、このモンガーは。

じゃあ、今朝見てたビデオとはなんだったのか?と言いますと、とあるリクエストに応えるために近所の親戚から借りてきた、今となっては貴重なビデオだったのです。そのリクエストとは一体何なのか?それは明日に記事にする事にしましょう。では、今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2005-10-11 20:46 | 雑談
←menu