やっぱ朝からはキツイっす!円盤生物・星人ブニョ!

c0040422_19544911.jpg

こんばんは、Gです。早速、今回もリクエストに応えていきましょう!先日、この「ひいろお倶楽部@」ウルトラマンレオに登場した快人コロ星人と虹怪獣レンボラーを取り上げましたら(「実は見逃していた事に気づいたコロ星人!」参照)、コメントのやり取りで、とある円盤生物の話になりまして、その時に偶然にもその円盤生物を取り上げて記事にされてる日子さんのブログ「日子のさらさら日記」を見まして、その円盤生物Gがレオの怪獣宇宙人では1、2を争うほど大好きな奴でして、そこにコメントしたら、是非描いてほしいという日子さんのリクエストをいただきました。今回はその円盤生物の記事を書きたいと思います。

その円盤生物とはブニョ。正式には星人ブニョブニョを見た当時はすごく印象に残りました。なんだかよく分からんそのフォルム。非力だが、悪知恵が働く頭脳。基本的に弱いと思っていたGは、その弱い怪獣大好きだけにいっぺんでになりました。それに輪をかけて、ブニョの人間体を演じた蟹江敬三氏のコミカルな演技もなかなかでした。いや、ブニョはカッコイイですよ。ホント。

・・・でも、思いました。あれ?ブニョの名前は資料によっては「ブニョ」や「星人ブニョ」と違うなあ?Gが幼少の頃に見たお話の記憶はちょっと怪しいし、今現在は紛失してる資料もあるし、ちょっと不安。ここまでGが愛している星人ブニョのためにバイトが休みだった昨日に近くのレンタルビデオ店(Gのバイト先ではない)からビデオを借りてきました。一般的に余程の事が無いとGはビデオには頼らないのですが(今までで記事のためにソフト借りたのはジャミラとコロ星人だけ)、この店はウルトラマンレオのビデオは全てあるので、今回は童心に帰る意味でもちょっと借りて、今朝見てみました。流石にブニョを朝っぱらから見るというのも何かなという感じで、両親は「そんなの見たくない」と居間から退却してしまいました。受け悪いなあ、ブニョ。早速、見てみると「円盤生物・星人ブニョ」の表記が!お、ここは記憶があってるな。しかし、話の内容は記憶どおりのものの、映像シーンがかなり違う。やっぱ借りてきてよかった!ということで、星人ブニョのお話を簡単に(いくのかな?)。

ブラックスターから地球へレオを倒すために円盤生物を呼んでいたブラック司令は到着しない事にいらつく。そこへ石の塊のような円盤?が飛来、蟹江氏演じるフニャフニャした1人の青年が現れる。ブラック司令は名を問うと青年は「俺はブニョ。宇宙人だよ」と答える。「ブニョ?お前のような力の無い奴に用は無い。帰れ帰れ!」とブラック司令が追い返すと、ブニョは「力は無くても知恵がある。レオを地球の外へ追い出せばいい」と言う。ブニョを試す事にするブラック司令。ブニョの人間体は早速地球でフニャフニャと走っていると、トレーニング中のウルトラマンレオことおおとりゲンに出くわす。ブニョは耳からの触手状の宇宙人探知機で、ゲンは直感でお互い宇宙人と分かり格闘戦を演じる。逃げ出したブニョは策をめぐらす。ゲンと梅田トオル少年が下宿している美山家に夜、1本の電話がかかる。母親代わりの咲子が勤める病院からの呼び出しだった。咲子は病院へ行くとブニョが待ち受けてて捕まってしまう。咲子の帰りが遅い事が気になるゲンたちにラジオからブラック司令の声で咲子を人質に取り、レオを呼び出していた。ちょうどレオがいるから円盤生物が地球に来るのでは?という悪い冗談も気になってか、ゲンは単身病院へ行く。そこでブニョの人間体と会い、睡眠状態の咲子の解放の代わりにゲンはブニョの宇宙ロープで両手を縛られブラックスターへと連れ去られる。ブラック司令ブニョが連れてきたゲンが本当にレオなのか半信半疑だったが、ブニョは宇宙人探知機でそれを証明する。ブラック司令は剣で殺そうとするが、ゲンはレオに変身してかわす。しかし、両手の宇宙ロープのために巨大化が出来ないレオは零下100度の冷凍室に送り込まれ、ブニョにボコボコに殴られて、氷付けになったところをブラック司令にノコギリでバラバラにされてしまう!レオは美山家のトオル少年にテレパシー?で伝える。自分がバラバラにされた事、自分が故郷のように地球と地求人を愛してる事、その愛する地球に自分を埋めてほしい事を。トオルがその声の指示とおりにあるお寺に行くとバラバラになったレオがいた!美山家の次女あゆみと共に絶望しながらレオを埋めていくトオル。一方、ブラック司令はレオの死と地球侵略を宣言、巨大化したブニョが暴れまわる。美山家は自宅に集結しゲンの帰りを待つ。埋めかかってたレオの目から涙が出てきたその涙に伝説の超人ウルトラマンキングの姿が!「レオ、お前はまだ死ねない。地球にはお前を必要としている人たちがいる。辛いだろうが、お前は戦わなければいかんのた!」と言い、光線でバラバラのレオを復活させ、レオは巨大化!混乱するブラック司令とブニョ。怒りに燃えるレオにとってブニョの必死の応戦もむなしく、体のオイルでドロドロになったブニョはレオキックで頭を跳ねられて溶けてしまう。ゲン美山家に戻るが、ブラック司令は最終決戦を決意、最強の円盤生物ブラックエンドを呼ぶのだった、というもの。

うわー、やっぱ文が長いや。このお話で改めて驚いたのが、キャストのすごさ蟹江敬三氏はもちろんだが、美山家の大黒柱の咲子役に春川ますみ氏、次女ますみ役に今話題の杉田かおる氏など結構豪華MACをつぶしたのは予算不足からという説があるが、確かにゲンの周りの人間は減ったものの、結構ギャラはかかってるのではないか?あと、ブニョが意外と強い事も再確認できた。人間体でのゲンとの格闘戦も劣勢ではあったがすごいものがあったし(あのアクションも蟹江氏本人ならもっと驚くが映像からは微妙)、冷凍室でくしゃみするとヨーダのような顔になり、武器である角の発光による破壊、口からの火花やオイル、宇宙ロープと結構多彩なのである。ただ非力なのは記憶どおりで口から吐いた宇宙ロープで逆にレオに振り回されたりする。またブニョは造形がシュールであるが、人間体のブニョもかなり長い袖の緑色のパーカーを着てフニャフニャしているところも実にシュール。冷凍室ではちゃっかりエスキモー風防寒複を着ている。やっぱブニョはすごいや!最後に今回のイラストのブニョはビデオを見る前に描いたので、仕様が若干異なるのをお断りしておきたい。

以上が星人ブニョの記事ですが、日子さんはご満足していただけたでしょうか?このブニョも好きなのですが、レオにはGが好きな怪獣がもう1体いまして、実はその怪獣も偶然ですが、円盤生物なのです。機会がありましたら、ご紹介したいと思います。長文のため、今回はこれにて。

「実は見逃していた事に気づいたコロ星人!」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-10-04 21:27 | 特撮系
←menu