お茶の水から世田谷へ色々とありました・英語で吠えろオオカミジン!

c0040422_21591429.jpg

こんばんは、Gです。今日は昨日の予定とおり、お茶の水の病院へ行ってきました。って、記事が「病院に行ってきました」になってないって?そうなんです、今日は病院には薬をもらうだけにして、急遽、世田谷美術館へ向かったのです。もう色々な事がありましたので、今回は雑談にしました。前回の診察で担当医が「第5回ビギニング・ホワイト展」の期間中を考慮して「もし絵で忙しいようでしたら、次回は処方箋を出すだけにしてもいい」と仰いました。で、いざ病院へ行ってみると、何か知らんけど、いつも以上に患者が多くて込んでいる。いつもより早く出てきたが、いつもより遅くなる事は確実でした。これはかなわん、と思ったGは、どうせ体力的な疲れが多いのだから、薬はやや強い今の処方のままでないとダメだろうと判断、処方箋をもらうだけに切り替えて、一路、世田谷美術館がある用賀を目指しました。担当医からは「腰と物事に流されないように注意して」との一言を頂いて、お茶の水から用賀までは地下鉄を乗り継いで40分、その後にバスに乗って16時頃には世田谷美術館に到着しました。当番の方に今日のお客さんの数を聞いてみると50人も行ってないとの事。で、何気なく記帳欄を見てみると友人の名前が!いつ来たかを当番の方に聞いてみるとお昼前後との事。ガーン!今朝方から何か予感みたいなものを感じてはいたんだけど、こういうことだったのね・・・。お茶の水の病院の予約は14時。仕方ないか・・・。とりあえず「ひいろお倶楽部@」掲載のイラスト原画の追加分を用意して、当番の方と待機。そこから少しずつお客さんが入る。当番の方とはボクシングの話などで盛り上がり、18時閉館と共に帰路へ。ところが用賀駅に着いて思いもがけない事が起こる。Gのとなりの券売機でまごついているアメリカ人と思われる女性が困って寄ってきたのだ。Gはよく外国人に声をかけられることが何故か多い。香港人に新宿駅で乗換えを聞かれたり、自宅近くでアパートの物件を探してるアメリカ人を案内したり、果てはウィーンの1人旅行(「Gのトラベルバトンでおわします。(はぐれベーダー31)」参照)でイギリス人団体に道を聞かれたりなどなど。学生時代に「(Gの)顔がチェコ人みたいだ」と同級生に訳のわからん事を言われた事があるし、学生の頃に学校から無理矢理英検4級を取らされたが、そのせいか?彼女は「アサカサ」に行きたいと言う。用賀近辺に住んでそうな女性が話を聞くとパスネットを千円分買いたいのと「赤坂見附」へ行きたいらしい。日本語は丸っきりダメなようだ。地元女性はパスネットを買ってあげ、赤坂見附へ行くには乗り換えが必要と言う。だが外国人女性は「ダイレクト」と言い出す。東急田園都市線の直通で行きたいらしい。さらに外国人女性は「永田町」でもいいと言ってきた。永田町なら半蔵門線直通で行けるし、Gの帰り道の途中になる。地元女性と別れ、ちょうど来た電車にGと外国人女性が乗り込む。そしてGは永田町まで駅をチェックしていって、駅が近づいたら彼女に簡単な英語で知らせ、降ろしてあげた。あまり話すと外国人女性はパニくるようなので、最低限の言葉だけで話しました。・・・でもさあ、日本に来たなら「こんにちわ」とか「ありがとう」とか簡単な日本語は覚えてこようよ!Gだってウィーン行く時は即席ドイツ語勉強したぜ?もう疲れてしまった今日一日でした・・・。

うわー、長文だなあ。ストレスたまってんのかなあ、今日のGは英語で苦しんだ事もあるので、イラストはその関連で行きますか。スカイライダー登場のネオショッカー怪人オオカミジンです。イラストは新作ですが、紙がいつものケント紙ではないので汚いです。すみません。スカイライダーが好きだ!と言ってこのブログを始めたGですが、ネオショッカー怪人を取り上げたのは1月のサイダンプ(「スカイライダーVSサイダンプ・・・Gの名前の由来?」参照)以来になってしまいました。このオオカミジンは2代目日本支部幹部・魔神提督がイギリスのエジンバラから呼び寄せた第2の刺客。野村博士が誤って作った「殺人音波発生装置」を搭載した騒音怪人で額に音量のメーター、胸にスピーカーが付いていて殺人音波を発生、さらに巨大メガホンを利用して増幅音波での大量殺人を目論んだ。またイラストのとおり、頭が独自に活動する事が可能で、音波は改造人間でも通用するので、スカイライダーを大いに苦しめた強敵でした。こんな奴に英語をペラペラと喋られたら嫌だろうなあ、って、その前に死ぬか?(笑)もう時間的に体力的にこのへんでやめておきましょう。今回はこれにて。

「スカイライダーVSサイダンプ・・・Gの名前の由来?」
「総力特集スカイライダーURL掲載承認!」
「Gのトラベルバトンでおわします。(はぐれベーダー31)」
「第5回ビギニング・ホワイト展」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-09-21 23:12 | 雑談
←menu