「ほっ」と。キャンペーン

記事250件到達企画・「ひいろお倶楽部@」辞書(仮名)を作ります!

c0040422_1820376.jpg

こんばんは、Gです。今日は絵画の展示もお休みで、バイトも早く上がったので、こちらの都合上、2件の記事をアップしたいと思います。まずは1件目。この「ひいろお倶楽部@」も今年1月からスタートして、今回の記事で250件目に到達する事が出来ました。これも皆様のご支持のおかげです。ありがとうございます。250件到達だからといって、当初はリクエストもマンネリなので記事を普通に流す予定だったのですが、ちょっと気になる事を耳にしました。それはこの「ひいろお倶楽部@」に掲載されているイラストを楽しみに見てくださってるという事です。大変ありがたいのですが、でもよくよく考えたら、今回で250件。250件という事は4コママンガが34件、はぐれベーダー(音楽・美術系)が40件ということで、特撮系や雑談には単純計算で176件はあるわけで、文章しかない記事もあるものの、170件くらいの大量のイラストがこのブログには載っているわけです。ここから見たいと思うイラストを探すとなると、管理しているGはすぐ分かりますが、閲覧者側からすれば大変なわけでして、検索も一応用意していますが、中にはタイトルなどからでは内容を見てみないと分からないという有様になるわけです。例えば「ジラース」と検索しても色んな記事がゴロゴロひっかかってくるわけで、それ見なければ分からない、という不便さを感じさせます。そんな感じですから「ダダをリクエストします!」Gに言われましても、こっちは2回も記事に載せてるよ、という事もしょっちゅうあるのです。そこでGは昨日、カテゴリに「辞書(仮名)」というものを作って、その記事には表か何かで今回の250件までのイラストがどこにあるかを一度に見れるようにするのはどうだろう?と思いついたのです。確かにGoogleとかでも検索できない事は無いのですが、もう絵画制作は「第5回ビギニング・ホワイト展」が終われば落ち着くわけですし、ちょっとその辺を検討して250件到達特別企画にしたいと思います。もちろん急にはできませんので、明日21日以降の記事で「ひいろお倶楽部@イラスト辞書(仮名)」をシコシコと作っていこうかと思います。記事にリンクして飛べるようにした方がいいのかなあ?まあ、その辺は追々考えてみます。ちょっと時間はかかりますが、お楽しみに。

さて今回のイラストですが、250件目ということでちょっと考えました。100件目がガッツ星人、150件目がギャンゴ、200件目がパンドンでしたので、やっぱウルトラ怪獣がいいかなあと。で、トラックバックしたくて未だに放置しているウルトラ怪獣が2体いるのですが、今回はそのうちの1体をストックからもってこようかと思います。その怪獣とは帰ってきたウルトラマン登場の宇宙大怪獣ベムスターです(ツインテールよ、スマン!)。イラストは以前に描いたもの。かなりデフォルメされてて、目つき悪いです(笑)。イラストのストックでもかなり初期の頃に描いたものなので、紙が劣化していて汚くなってます。すみません。もう皆様にはお馴染みのウルトラ怪獣です、1054年に爆発したカニ星雲を故郷とし、水素や窒素、ヘリウムなどのガス類をエネルギーとしている。市川森一氏が脚本担当した帰ってきたウルトラマン第18話「ウルトラセブン参上!」を簡単に書きます。MATステーション梶と地上の加藤隊長は大の親友だった。ところがある日、2人が通信中に何者かがMATステーションに取り付いた。ベムスターだ。腹の口でガス類を吸い込もうとしてMATステーションごと飲み込んだベムスターは地球に飛来ガスタンクからガス類を飲み込み凶暴化する。MATでも歯が立たず、郷秀樹はウルトラマンへと変身する。しかし、それでもベムスターには勝てない。身のこなしが軽く、光線技は腹の口で吸収してしまうのだ。やむを得ずエネルギー補給のために太陽へ向かうウルトラマン。そこへウルトラセブンと再会し、新たな武器「ウルトラブレスレット」を渡される。地球へ戻ったウルトラマンはベムスターをブレスレット三段斬りで倒すのだった、というもの。Gはこのベムスターの造形は帰ってきたウルトラマンではナンバー1だと思っている。久々に見る芸術性の高いデザインである。ガス類を好むベムスターはMATステーションとガスタンクを襲うのだが、MATステーションを飲み込むシーン恐怖と悲壮をTVで見た幼少のGは感じさせられた。圧倒的であり、残虐でもある。ガスタンクからガスを飲むシーンガスタンクがへこんでしまうのが面白い表現である。そして何より強い!身軽でガス類以外でも光線も吸収してしまう五角形の腹の口が凄さを感じる。ウルトラブレスレットでようやく倒すという強い存在感をベムスターはアピールしてたように思う。ウルトラ兄弟が初めて戦いを助けるためにやってくるエピソードでもあり、この時のセブンはアトラクションのもの流用だったそうだ。最後にMATの加藤隊長が親友の梶を失った後、新たに作られたMATステーションに異動するのも興味深い。

・・・ちょっと熱を入れすぎましたかね、長文になりました。しかし、それほどベムスターは凄い、この記事にはピッタリなのです。250件を越えても「ひいろお倶楽部@」への皆様のご愛顧、宜しくお願いします!今日は久々にもう1つ記事を書くので、一旦終わらせて頂きます。
[PR]
by gun_gun_G | 2005-09-20 18:24 | 特撮系
←menu