カトリーナと台風14号の恐怖・奇怪なハリケーンロボット!

c0040422_1759149.jpg

こんばんは、Gです。今日はバイトは休みですが、GのPCを使って色々とお願いしたいという昨日の店長さんの依頼の関係で、PCをいじってたり、DVDドライブの調子見たり、かと言っておろそかにできない絵画制作したりと色々とやってたら、あっという間にこんな時間になってました。ホントに今日は休みなのか?ああ、外は雨が降っている。台風14号の影響で前線が刺激され、関東でも雨が降っているのです。あー、明日はお茶の水の病院へ行く日だよ・・・薬も切れちゃうし、秋葉原でPCパーツ見ないといけないし、もうウンザリ・・・。でも、周りはそんなこと言ってる状態ではないようですね。アメリカを襲ったハリケーン「カトリーナ」。あまり時事ネタは書きたくないですが、日本でも台風に襲われて大変な状態である以上、アメリカのハリケーンもほったらかし、というわけにはイカンでしょう。まあ、内政干渉のような気はしますが。ニューオーリンズの事情というのを以前に父から聞いた事があるが、水面から低い土地のため、比較的、貧困層の方々が多く住んでいるのだとのこと。(Gも父の弟、つまり叔父は仕事で頻繁に渡米している)それを聞いていたことがあるとはいえ、この被害状況には過剰報道もあるとは思うが、それを差し引いても「これが超大国アメリカなのか?」と目を疑う程、悲惨である。救助などの対応の遅れ、物資の強奪、避難先への誘導の混乱などなど発展途上国で災害が起こった事のようなのである。アメリカ西海岸の大地震を思い出すが、今回はアメリカ政府の対応の遅れが酷すぎるのだ。確かに史上最大級のハリケーンが最悪の状況で上陸した事は仕方ない。相手は自然現象である。けど、その後がマズイ。日本はアメリカの後についていって今日のような政治体制になったが、皮肉にもその悪いところをアメリカは日本から感染したように思えてならないのだ。まあ、これ以上は外野の言う事ではないし、今、Gが思う事は今回の台風14号で被害は出るだろうが、四国地方の水源が少しでも潤えば、と願うばかりである。で、今回のイラストですが、ペン画制作の合間に描いた新作イラスト、大鉄人17(ワンセブン)のハリケーンロボットです。これも実は試し描きでして、前回のペン画ゴーロン星人は生物だったので、今度はメカをGペンで描いてみようとしたもので、流石に容量が重くなってしまった(苦笑)。このハリケーンロボットは敵組織ブレイン党の初の人型でない攻撃ロボットで、正確には人材誘拐が専門のロボットである。日頃は体を寝かせてUFOのように飛び回り、世界中の刑務所を襲って、中心の目から犯罪者を吸い込み、ブレイン党の人材を確保する。戦闘時は体を回転させて強風を起こし、8枚の翼でビルをも切断する。また、この状態になって、2本の足を出して立ち上がる事も可能。ワンセブンとブレイン党については以前の記事「またもや大地震・戦慄の地震ロボット!」を見ていただけたらと思います。なんか災害となるとワンセブンですなあ。まあそれだけ、ある意味リアルな設定なのがワンセブンなのでしょう、地震ロボットといい、このハリケーンロボットといい。すごいですね。感心してる場合ではないですが。あ、雨もやんできた。明日は大丈夫かなあ?では、今回はこれにて。

「またもや大地震・戦慄の地震ロボット!」
「閲覧者総数20000人突破記念!ゴーロン星人の猿回し!」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-09-06 20:29 | 雑談
←menu