病院へ行ってきましたPart16・台風11号接近の中、急遽病院へ

c0040422_1955897.jpg

こんばんは、Gです。流石にこれほど体調が悪いとどうしようもないので、昨日24日の深夜に都内の病院へ電話してみました。そうしたら宿直の医者に「薬を減らした影響があるかも知れないので担当医のいない日でもいいから至急来てください」とのこと。担当医がいたのは昨日24日で、26日と27日がバイトの研修と考えると行くのは今日25日しかないなあ、と思い、薬ももらうのも早めにと急遽都内の病院へこの台風11号が近づく中、行ってきました。Gの行っている都内の病院は予約外で行くと医者の指名ができないのですが、受付を済ませて医務室の部屋番号を確認すると、嫌な予感が。その医者は友人が担当医になってもらってた時期があったのですが「事務的で薬しか渡さない」と友人がこの医者に対して愚痴をこぼしてたのを思い出したからです。これはまずいなあ、と思ったGは急遽Gの担当になった看護婦さんに症状やこれまでの状況などを全て話しておきました。そして病室で横になったところで、やはり台風ということなのか、すぐ順番が回ってきました。結果は「担当医の医者でなければ分からないので担当医のいる日に緊急に受診してほしい。ただ今回は薬を減らして悪くなっている可能性が高く、これも緊急性があるので前の薬を出しておきます。台風も来てますので、早めに帰った方が良いでしょう。」とのこと。台風の中、やっとの思いで病院に来たGとしては「なんだかなあ」という気持ちが始めに思い浮かんだが、とにかく薬はもらわなければどうしようもないので、すぐにもらって昼前までには家に戻りました。結局はまた行かなければいけないのですが、何もしないよりなんかした方が明日からの研修にも備えられるだろうということで、そういう意味ではホッとしました。また今日は寝てようと思います。心配していただいた方に心よりお礼を申し上げます。それがなかったら、多分病院へ急遽行こうとは思わなかったですから。ありがとうございました。さて、今回のイラストですが、本来なら病院系記事は医者関連のものを載せてますが、台風ということと、あまり複雑なのは描きたくないなあということで、「仮面ライダースーパー1」に登場のジンドグマ怪人アマガンサーにしました。新作です。見てのとおり、雨傘の怪人で人間をコントロールできる雨傘と強力なロケット弾が武器。赤心小林兼を体得しているスーパー1に対抗して拳法を会得していたようですが、どうやらそれを発揮せずに終わってしまった怪人のようです。ただ、この台風ならかなりの人間を雨傘でコントロールできるような気がしますが・・・。それって、恐怖なのか、それともある意味、見たら爆笑モノなのか?あと、このアマガンサー、エリマキトカゲみたいに見えるのはGだけでしょうか?それとも、Gが調子悪いからそう見えるのか?ああ、この辺でやめておいた方がよさそうだ。今回はこれにて。

◎以前に掲載のジンドグマ怪人のイラスト◎
「バイトを始めました・伝説巨人ではないビデオン!」
「MRI予約が急遽決定!・磁石怪人ジシャクゲン」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-08-25 20:06 | 病院系
←menu