サンバルカン花火を打ち上げろ!ハナビモンガー!

c0040422_20351978.jpg

こんばんは、Gです。今回は当初予定していたものと違うものを出してみたいと思います。よくよく考えたら、今日はあちこちで花火大会。特に隅田川花火大会もTVでやってますね。だったら「ひいろお倶楽部@」でも夏らしく花火の怪人なんかはいかがでしょう?今回のイラストは「太陽戦隊サンバルカン」の敵組織・ブラックマグマの機械生命体・ハナビモンガーです。デザインはバトルフィーバーJでメインの1人である久保宗雄氏で体に巻いてあるダイナマイトから初期案はダイナマイトモンガー。新作です。ハナビモンガー?聞いたこと無いなあ?という方も多いのでは。実はこのハナビモンガーは劇場作品で登場したモンガーなのです。よくよく考えたら、サンバルカンを取り上げるのは、この「ひいろお倶楽部@」を始めた時のイラスト以来、つまり今年1月の第1回の掲載以来なのです。(「とりあえずサンバルカンでブログデビュー」参照)しかもモンガーのイラストは今回が初めて。6ヶ月も何を書いてたんだろう?このハナビモンガー通常のモンガーの3倍の大きさに巨大化することが可能で、劇場版のお話の初頭のブラックマグマ平和防衛基地襲撃に出撃したジャガーバルカンが小さく見えるほどの大きさで襲い掛かる。攻撃空母ジャガーバルカンの中にサンバルカンロボが収納されているので、ものすごい巨大戦をジャガーバルカンとハナビモンガーは展開する。ジャガーバルカンハナビモンガーに飛ばされて目を回したり、また怒ったジャガーバルカンがハナビモンガーに噛み付いたりと、2者でやりたい放題戦っている。この前作の「電子戦隊デンジマン」の劇場版もGはビデオで観ていて、最強のベーダー怪物・アンゴラーとデンジタイガーとの対決という似た表現があるが、このジャガーバルカンVSハナビモンガーの比ではないと、Gは断言できる位の迫力。結果はハナビモンガーが噛み付かれた事によって形勢不利と見て、スモークをはって退却する。あとハナビモンガーは、というかモンガー全般にいえることだが、基本的に性格がひょうきんである。お話ではブラックマグマの新幹部・アマゾンキラーによって、二代目バルイーグルこと飛羽高之が拉致され、とりあえず残りのバルシャークとバルパンサーがハナビモンガーと対決するのだが、ハナビモンガーはわざわざ仕掛花火を作って「マヌケ」と2人を馬鹿にしたり、バルイーグルが脱出してサンバルカンの3人が揃うと、和傘を差して「テケテンテケテン、ハナビモンガーとは俺様のことだあ~」と見栄を切ったり、とにかくユニークなのである。依田英介氏の声が十二分に生かされている。ちなみにハナビモンガーの使命は花火のように東京を爆撃する「東京花火ショー作戦」の実行機械帝国の建国記念式典として首領のヘルサターン総統の強い欲望によるものだった。それで手始めに平和防衛基地を奇襲するが、先のとおりジャガーバルカンに阻まれ、そこで新幹部のアマゾンキラーが何の関係も無い子供をさらって、二代目バルイーグルを浜名湖へおびき出し、変身に必要なブレスレットを奪って処刑を画策する。その間に残りのバルシャークとバルパンサーにハナビモンガーが襲い掛かるが、二代目バルイーグルはブレスレットを奪還して人質も無事救出。(ここでのヘリコプター撮影は圧巻)3人揃ったサンバルカンに逆に見栄を切られたハナビモンガーサンバルカンロボによって倒されるのでした、というのが主なストーリー。ちょっと重複するところもありましたね。ところでハナビモンガーがサンバルカンロボより巨大化できないのか?と思ってしまうのはGだけだろうか?と、時事ネタっぽい記事になってしまいました。たまにはいいかな?長くなりましたので、今回はこれにて。

「とりあえずサンバルカンでブログデビュー」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-07-30 22:19 | 特撮系
←menu