またバルタン星人を描いてみました。ウルトラマン80登場ヴァージョン!

c0040422_23191989.jpg

こんばんは、です。今日は体が重いですね。え、もともと重いだろうって?ま、それもあるのですが、眠いし、気が重いし、なーんにも考えられないし。昨日のゲームバトンに気合いを入れすぎたか?夕食までまるっきりだるかったですね。で、今日はどうしよう?と思ったのですが、ストックからイラストの起用もどうかな?と思い、新作をまた描いてみる事にしました。随分前にバルタン星人の記事「オリジナルは二代目?・バルタン星人」を書いたのですが、そこへのトラックバックしてくださいました記事「ウルトラマン80を動物園に入れようなんて、バルタン星人もウルトラマンを動物扱いしている」という文章がすごく印象に残ってまして、だったらバルタン星人初代と2代目しか描いてないので、ウルトラマン80登場時のバルタン星人を描いてみようとペンを取りました。結果が巻頭のような感じ。・・・なんか可愛げのないバルタン星人ですね。顔がでかすぎるんですね、元の。ただ、このウルトラマン80に2回登場しているバルタン星人の着ぐるみはもともと映画「怪獣大決戦」初代マンとの対決を新しく撮影するために作られたもの「怪獣大決戦」では初代マンのTV放映のものを多用して初代マンが地球を守る姿が描かれてますが、初代バルタン星人のみこの着ぐるみの撮影に変更されてるのです。そして、ハサミなどの若干の変更を加えてウルトラマン80に再登場します。第37話「怖れていたバルタン星人の動物園作戦」と第45話「バルタン星人の限りなきチャレンジ魂」に登場第37話ではUGM訪問豆記者の少年の姿で潜り込み、ウルトラマン80の人間体・矢的猛をバルタン星の動物園へ連れて行こうとし、第45話ではフリスビーを子供達の前まで投げ、そのフリスビーを撮った写真がUFOに見える、見えないという事で人間の間に争い事を起こそうと企む。・・・うーむ、なんか今になって考えてみると結構間抜けな感じがするなあ。でも、人間同士の闘争心をあおるという作戦は当時は何故か感心して見てた気がする。分身能力やハサミからのミサイル状光線や光を駆使して、ウルトラマン80と戦うが、第37話ではバルタン星人の母船への激突死、第45話ではウルトラスラッシュで敗退している。・・・よくよく考えたら、同時期のスカイライダー視聴率確保のために助っ人ライダーを出演させてたが、このウルトラマン80も視聴率的に厳しかったのか、懐かしい怪獣を復活させて対決させている。このバルタン星人をはじめ、ゴモラⅡ、レッドキング三代目、そして妄想ウルトラセブンといった感じである。評価はどうあれ、視聴者にとっては大サービスである。何かと評価の低いウルトラマン80ではあるが、素晴らしい造形の怪獣たちも出演されてて、結構面白いのでは?は今になって思ったりする。ウルトラネタ続きでどうかな?とは思いましたが、80ネタは初めてですので、今回は大サービスで載せてみました。もう時間も遅くなりましたね。では、今回はこれにて。

「オリジナルは二代目?・バルタン星人」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-07-02 22:52 | 特撮系
←menu