閲覧者総数10000人突破記念!美酒に酔いしれるテペトです。

c0040422_18333093.jpg

こんばんは、Gです。カネゴンの記事でも書きましたが、今週はイベントが目白押しなんです。コメント1000件突破のリクエスト、昨日の2回目のミュージックバトン、そして今日もまたイベントがあります。やっと昨日で閲覧者総数10000人を突破したのです。ブログ始めてから5ヶ月かかりました。いやー、めでたいめでたい!なんかこういう時にめでたい奴を出したいなあと思いまして、イラストを探しましたら、ありました!ウルトラセブンのカッパ怪獣・テペトです。ウルトラセブン第41話「水中からの挑戦」に登場。あまりメジャーな怪獣ではないですが、お酒飲んで酔っ払ったイラストだったので起用しました。なんでお酒飲んでるかはテペトが抱えている日本酒の銘柄を見ればお分かりかと。時期的にカッパもいいかな、と思いまして。では、まずテペトのエピソードから。伊集湖(いしゅうこ)で起こった河童騒動。待ってましたとばかりに日本河童クラブの面々が伊集湖へ訪れた。一方、未確認飛行物体が伊集湖に落下した件でウルトラ警備隊が調査を進めていた。そして、日本河童クラブのメンバーの1人が殺されてしまう。その手口は頚動脈を切るという残忍なものだった。犯人は河童に間違い無い。ウルトラ警備隊によって、本格的な調査が開始された。案の定、河童、いや河童そっくりの宇宙人・テペト星人が出現した。ウルトラ警備隊テペト星人を射殺ウルトラホーク3号で円盤を爆破すると、伊集湖巨大な卵が出現、卵からは巨大な河童・テペトが現れウルトラセブンとの対決を迎えた。卑怯な戦いをするテペトだが、最後は水中でアイスラッガーで真っ二つにされ事件は解決した、というもの。このテペトという怪獣は放映当時に「少年マガジン」が読者向けに怪獣・宇宙人デザインの企画の優秀賞のものを池谷仙克がフィニッシュワークしたものであり、当初のデザイン名は「デイクロス・レイザ」。もう1体の優秀賞「ガイロス星人」で後のノンマルトの手下怪獣・ガイロスとなる。テペトは真っ黒ですから、こんな姿である事を初めて知った方も多いのでは?このテペト、卑怯というかひょうきんな怪獣でして、ウルトラセブンに謝ったふりをして油断させたり、ふらふらち倒れてセブンが近寄ったところを頭の皿から光線を出したりとやたらと人間じみているのです。そこら辺が愛らしいというか、にくい奴です。そもそも河童=宇宙人・怪獣という発想が実にユニークで、この話の前回のガッツ星人の戦いに比べ、若干ユーモラスな話になってます。流石は脚本が若槻文三だけのことはあります。Gの好きなウルトラ怪獣の1体です。自信持って載せさせてもらいました。とにもかくにも記念記事なのでありますが、今回は主だった事は差し控えたいと思います。別にリクエストを募集してもいいのですが、記事100回掲載記念の際のリクエストが未だに若干残ってますし、もう少し腰が良くなってからドーンとやってみたいと思います。もし、どうしてもこれはお願いしたいというものがあれば、ご連絡いただけますとできる範囲でお応えしたいと思います。なんか控えめなイベントになっちゃった・・・。実は明日以降もイベントを予定してます。それはどうなることやら・・・。今後ともこのブログ、「ひいろお倶楽部@」を良しなにお願い申し上げます!見てくださる皆様が頼りですので!以上、今は腰痛治療のためにお酒を飲んでないGでした。では。
[PR]
by gun_gun_G | 2005-06-29 22:28 | 特撮系
←menu