ピニヤ星人のなれの果て・ペロリンガ星人!

c0040422_1951188.jpg

こんばんは、です。アクシデントには遭いましたが、「ひいろお倶楽部@」を閲覧してくださる方々がいらっしゃり、誠にありがたい次第です。アクシデントの間に当然時間があったわけで、はその間に色々とできる範囲で鉛筆画などを描いてましたが、何を描いてたかは後日この場で発表することになるでしょう。で、今回はなのですが、皆様から非常にリクエストの多かったウルトラ怪獣をストックからではなく、まるっきりの新作でご紹介しようと思います。ところで、皆様はゴールデンウィークにこのブログでウルトラセブンのお蔵入り宇宙人・ピニヤ星人の話をしたのを覚えてますか?覚えてない方は下記の「スペル星人に対抗してピニヤ星人・ウルトラセブンのお蔵入り宇宙人」を読んでいただくとして、そのピニヤ星人の着ぐるみがある宇宙人に流用される事もその記事で書きましたら、その宇宙人を是非出してほしいというリクエストが当時結構ありましたので、今回はその宇宙人にしたいと思います。サイケ宇宙人・ペロリンガ星人、正式名称・ペガッサ星雲第68番ペロリンガ星人。何故今までペロリンガ星人を放置してきたかと言いますと、イラストのストックが無かったのと新しく描くにも面倒くさい模様をしているから。この体の柄をピニヤ星人と比較しやすいように描くとなると結構大変でして、ウルトラ怪獣のイラストで失敗した事の無いGが万全ではないとはいえ、失敗してしまうほどです。色を付けた方がいいような悪いような、厄介な宇宙人です。こんなアクシデントでもなければ恐らく描かなかったでしょう。どうです?ピニヤ星人と比較できますか?ウルトラセブンでは実相寺昭雄監督が最後に監督した第44話「円盤が来た」に登場します。では、簡単にお話でも。夜空に瞬く星たち。その中にまぎれてペロリンガ星人の大円盤群が地球に迫っていた。しかし、先に侵入したペロリンガ星人の暗躍と円盤の強力な磁気、不透視バリヤーによって、天文台にはそれらは星にしか見えなかった。しかし、アマチュア天文家はどうか?東京の世田谷区に住むフクシン青年は連夜、円盤群を発見していた。しかし、ウルトラ警備隊に電話してもまったくとりあげてもらえる筈も無い。そんな中、フクシン望遠鏡屋の子供と知り合う。その子供に連れられて家に行った。すると、やはりそこの望遠鏡で円盤群を見つけたフクシン子供に知らせると、そこには円盤が映ったスクリーンがあり、子供は正体であるペロリンガ星人の姿になっていた。ペロリンガ星人は言う。この事を電話してもまたとりあげないだろう、それより地球があきたから星を眺めてるのではないか?だったら一緒に星の世界へ行こう、今までにも沢山の人間を星の世界へ連れて行った、と。フクシンは心中を察しられたようで戸惑うが、再度ウルトラ警備隊へ電話する。やはり最初はとりあげないウルトラ警備隊も電話でペロリンガ星人の話が偶然聞こえ、遂に出動、ウルトラセブンと共にペロリンガ星人の円盤群を叩いた。あとはまた星を眺めるフクシンの姿があった、という内容。子供の時に見た感想は正直あまり面白くなかった。別にペロリンガ星人がセブンと取っ組み合いするわけでもないからだった。けど、不思議とフクシンとペロリンガ星人とのやりとりが意識にすごく焼きついている事に後から気づいた。ペロリンガ星人が間が抜けてる、というか、とにかくおかしな性格なのである。星の世界の話もそうなのだが、ウルトラ警備隊に電話をしても信用しないと言われたフクシンが電話をして、確かこんな感じのやりとりがあるのである。

フクシン「円盤があるもので星のように見えるんだ!えーと、なんだっけ、えーと・・・」
ペロリンガ星人「フトーシバリヤー」
フクシン「そう、その不透視バリヤーがね・・・」


不透視バリヤーを忘れたフクシンにペロリンガ星人が教えてしまうのである。これを聞き逃さなかったダンが、これはおかしいと判断した事から、遂には円盤群は壊滅してしまうに至るのである人がいいのか?それともうっかり八兵衛なのか?ペロリンガ星人?脚本の川崎高・上原正三のコンビの日常会話の上手さを巧みに使っている感がある。そして、このペロリンガ星人を何故記事の件名が「なれの果て」となってるかというと、このピニヤ星人の頭を取替えたペロリンガ星人の頭は不恰好というか、あまり形がよく無い事が今回イラストを描いて思ったからである。クチバシ?はいろいろな方向から見ると形がバラバラだし、首後ろのコブ?もどこに付いてんだか分からないし、目に至ってはただ描きました、という目。なんかやる気を感じないのである。ピニヤ星人の造形がよく出来てたのとエピソードが面白いだけにちょっと残念な気がする。でも、逆にふざけたような話だから、あえてこんな頭なのだろうか?実相寺サイドがデザインに要求した可能性はある。最近、実相寺監督はそういう面がある事を知ったもので、そう頭をよぎってしまうでした。いかがだったでしょう?昨日が休みの分、ちょっと長々と書きましたかね?これでリクエストには応えられたのかな?初の新作ウルトラ怪獣イラストだし、色つけも気になるし・・・。まあ、今回のところはこれにて。・・・疲れた。

「スペル星人に対抗してピニヤ星人・ウルトラセブンのお蔵入り宇宙人」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-06-17 21:04 | 特撮系
←menu