映画化記念!1号・2号ライダーと戦った4人の幹部怪人!

こんにちは、です。一晩寝てパワーアップして戻ってきました。えー、このところは今冬上映予定の「仮面ライダー THE FIRST」で盛り上がっているようで。トラックバックがそこそこ来てます。なんでも原作に沿った内容とのこと。期待大ですね。我が「ひいろお倶楽部@」でも記念に何か取り上げてみようか?と思いまして、今回はが暖めてた企画、1号・2号ライダーと戦ったショッカー、ゲルショッカーの4大幹部の変身怪人について取り上げます。仮面ライダー第26話にショッカー初代日本支部幹部・ゾル大佐が登場して以来、2代目幹部・死神博士、3代目幹部・地獄大使、ゲルショッカー幹部・ブラック将軍。彼ら4人も本郷猛と一文字隼人と同じように正体は改造人間だった。ゾル大佐の最期のシーンで「醜い姿」とナレーションでは表現されてるが、流石に幹部という事もあって、デザイン的に秀逸なものであった(例外もいるが)。では早速、4大幹部が変身した怪人を見てみることにしよう。

c0040422_17153876.jpg

まずはゾル大佐が変身した狼男。仮面ライダー初の幹部が変身した怪人。全身が金色に輝いている。青色の狼男も存在するが、その狼男は民間人が「ウルフビールス」に感染した者で一般的に「実験用狼男」と言われ区別されている。この金色の狼男はゾル大佐の人間時と同様に右目のみしか開いていない。「ウルフビールス」での狼人間の増加を目論む。2号ライダーと対決、指からの弾丸を発射するも、ライダーパンチに敗れる。第39話に登場


c0040422_17164328.jpg

次に死神博士が変身したイカデビル。当初はギリザメスの予定だったが、撮影日程の都合でこのイカデビルとなった。隕石群を日本に降らす「流れ星作戦」を遂行。また立花藤兵衛を拉致して対1号ライダーとの対決のためのトレーニングの指示を強要する。そして、新サイクロン試乗中の本郷猛を襲う。ムチや墨攻撃、ライダーキックが効かない軟らかい体が武器。弱点は隕石コントロール装置などのコンピューター搭載の頭だ。第68話に登場


c0040422_17172072.jpg

続いて地獄大使が変身したガラガランダ。ショッカー最後の怪人でもある。地獄大使がガラガラヘビの研究家であるためにこの姿になったものと思われる。またベルトが地獄大使のベルトをそのまま装着している。貯水池に毒を投げ込むのに失敗し、ショッカーに処刑されるように見せかけて、ライダー本部内に侵入を図る。砂の中を自由に動き回り、右手のムチと猛毒のある牙で攻撃する。1号ライダーと対決し、敗北。最期は地獄大使の姿に戻り、「ショッカー軍団万歳!」とショッカーを賛美しつつ爆発する。第79話に登場


c0040422_17182328.jpg
最後にブラック将軍が変身したヒルカメレオン。ヒルとカメレオンの合成怪人でゲルショッカー最後の怪人でもある。当初はヒルカメレオンの姿で行動し、人間の血液を吸い上げて体内で変化できる能力を使って過去の怪人を復活させる。また本郷猛が1号ライダーに変身する瞬間の時間に弱点があることを見出し、1号ライダーを窮地に追い込むが、2号ライダー登場により失敗する。ブラック将軍の正体である事を明かした後にダブルライダーに立ち向かう。その他の能力として体色を風景と同化する事ができる。おぞましい姿の怪人。第97~98話に登場



以上が4人の幹部が変身した怪人達である。いかがだったでしょうか?全てのイラストは以前に描いたもの。強敵揃いといった印象である。(中にはそうでないのもいるが)今度の映画化ではショッカー幹部は出てくるのか?キャスティングを未だに把握してないであるが、興味が膨らむばかりである。期待に応えてくれるのか?この冬が早くも待ち遠しい。仮面ライダーファンの皆さんも期待しましょう!ということで、今回はこれにて。

「仮面ライダー・旧1号、旧2号、新1号、新2号って、なんじゃらほい?」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-06-11 17:38 | 特撮系
←menu