チャンピオンまで駆け上がれ!深海怪獣ピーター!

c0040422_20181289.jpg

こんばんは、です。今日はあいにくの雨。あまり動けないとしては、どうしようもありません。ああ、これから梅雨なんだな、と思うと嫌になっちゃいます。さて、今日はとある方から嬉しいプレゼントを頂きまして、そのお礼にウルトラ怪獣を1体登場させようかと思います。ウルトラQ登場の深海怪獣・ピーターです。イラストは以前に描いたもの。ボクシングが好きなのですが、このピーターが出てくるウルトラQ第26話「燃えろ栄光」にはボクシングが舞台とあって、結構思い入れがあるのです。結構知らない方も多いかと思われますので、お話を簡単にでも。ダイナマイト・ジョー予告したラウンドに相手をKOする無敵のボクサーだった。ジョーが以前にフィリピンで釣り上げたペットのピーター予言するとおりにジョーは勝ちつづけたピーターは心の友だった。そのジョーは世界チャンピオンとの対戦を前に世間から身を隠してしまうピーターが負けを予言したからだ。ピーターの予言とは自己暗示の一種にすぎないのだ、と万城目淳は説得するが、実はジョーは自分の眼の故障を知っていて、敗戦してファンを失望させたくなかったのだ。ある日、ピーターが逃げ出したジョーは必死に捜した周囲の熱で体の大きさを変わるピーターは20cmの体長が火事の熱で30mまで巨大化してしまい、ジョーの前から姿を消してしまう。その後、ボクシングに身を投じるジョーの姿があった。負けると分かっても、1人で戦う決意を固めたのだった、というのが、大まかな内容。・・・ボクシング好きには何ともいえない作品となっている。ボクサーとはKOで勝つ事が夢であり、それがもし予言できたら、それは最高の栄光と言えよう。しかし、ボクサーは色々な病気と隣り合わせで戦わなければならないパンチドランカーもそうだが、一番はやはり眼である。網膜はく離などにかかったら、そう簡単には復帰できない、特にこのウルトラQ放映当時では。そのピンと張った緊張の糸怪獣・ピーターは一役買っている。ピーターの予知能力によって勝ちつづけたボクサーに対しての、ピーターの敗北の予告。それに立ち向かうには、親友・ピーターとの悲しい別れがあり、そしてある意味、孤独なボクサーへと身を投じなければならない。この「燃えろ栄光」では、敗北が分かってても戦わなければならない勇気を教えようとしてたような気がしないでならない。脚本・千束北男からのメッセージなのかもしれない。最後にピーターの着ぐるみは、のちにウルトラマンに登場のゲスラになることはあまりにも有名である。いかがだったでしょうか?これでプレゼントくれた方も喜ぶでしょうか?このお話は、とても書きたかっただけにスッとしたでした。それでは、今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2005-05-30 21:02 | 特撮系
←menu