「ほっ」と。キャンペーン

仮面ライダー・旧1号、旧2号、新1号、新2号って、なんじゃらほい?

こんばんは、です。先週1週間はまさかまさかの閲覧者1100人突破!ありがたいことです。今日は以前にお休みの際の仮面ライダーVSショッカー怪人のイラストに書きました、1号ライダー・2号ライダーについて書いてみようかと思います。あのイラストの際に旧1号、旧2号、新1号、新2号と書き分けてましたが、覚えてらっしゃいますでしょうか?1号ライダー・本郷猛役の藤岡弘氏のアクション中の事故急遽2号ライダーの登場が決まったわけですが、そこで2号ライダー1号からの急造版のスーツが登場するわけです。その際にスーツの色々な部分な部分に若干ながら変更があり、そこから「旧1号」やらの表現があるのです。ある意味、ゴジラマニアでのゴジラの映画ごとに作られる着ぐるみの通称に近いものです。ただ仮面ライダーの場合はカラーでないと分からない部分があるので、今回は色付けして説明したいと思います。

c0040422_1956186.jpg
これがいわゆる「旧1号ライダー」。全体的に暗めのカラーリングで緑と黒で表現されてます。顔の口と鼻筋も緑で塗装されていて、ベルトは白。このライダーは2号登場後の仕様にしているので、眼が赤ですが、初期のものはピンクでした。素材はレザー。皆さんが知ってる仮面ライダーとは若干地味目に見えるのではないかと?この地味さが災いして、夜間撮影ではスーツが見難いという弱点を持ってました。これにはスタッフも困ったそうですが・・・。第1話~13話、40話~41話、49話、51話~52話、劇場第1作に登場。

c0040422_19572533.jpg
藤岡弘氏の事故から佐々木猛氏にバトンタッチされた「旧2号」。これは「旧1号」からの急造版ですが、ここでスタッフは「旧1号」での弱点だった夜間撮影でもライダーが見えるようにと頭の鼻筋と口を銀に、スーツには白いライン1本を入れますベルトと眼も赤全体の緑も明かるめになります。その代わりに頭の緑は濃いものになります。ベルトの風車にはシャッターが付き、この「旧2号」が仮面ライダーのベーシックとなります。変身ポーズもこの頃に確立、仮面ライダーの大ブームが始まるのです。第14話~52話、劇場第1作に登場。

c0040422_19592413.jpg
ほぼ1年間の充電を経て、2号と1号が主役交代。ここで登場するのが「新1号」で、俗に「再改造型」とも呼ばれています。仮面ライダーのデザインも一新。全体的に緑は明るめのライトグリーンに、スーツの素材はレザーからジャージになり、ラインは2本線手袋、ブーツは銀色になり、ベルトは赤のままですが、シャッターが追加>、「新1号」は1号ライダーとしての基本形になります。ちなみに第59話の1シーンだけ、ベルトが白になってます。第53話~98話、劇場第2作に登場。
c0040422_2005550.jpg
劇場第2作に颯爽と登場した「新2号」。一般的に「パワーアップ型」と呼ばれるもので、基本的には「新1号」から体のラインが1本で、手袋、ブーツが赤になったもの。やはりこの「新2号」も「新1号」からの流用でまかなっている。ただ、ダブルライダーの際には、この変更のみでよかったが、続編「V3」などが制作されるに連れ、「新1号」との明確な差異が分かるよう、頭の緑が再び暗めになり、皮肉にも段々と「旧2号」に近いスーツになっていってしまう。劇場第2作、第72話~73話、93話~94話、98話に登場。



これが、「旧1号」から「新2号」への流れである。ちなみにサイクロン号「旧1号」フルカウリングのもの(ホンダCB400)とアクション用にカウリングを外したもの(ホンダCB350DT)の2台を使用、「旧2号」がアクション用にカウリングを付けた改良型と呼ばれるもの(旧サイクロンとは一般的にはこのバイクを指す)、「新1号」は第67話まで改良型サイクロン、第68話から新サイクロン(スズキハスラーTS250Ⅲ)「新2号」も新サイクロンだが、ビスの位置とか微妙に違うものに乗り、これもスーツ同様に続編が進むに連れ、改良型サイクロンへと戻る。いかがでしたでしょうか?これで少しは仮面ライダーの違いがお分かりいただけたでしょうか?今日はちょっと気合を入れすぎたかな?もっとも画像は再利用なんですけどね・・・。また仮面ライダーに関しては、この「ひいろお倶楽部@」でも取り上げるので、よろしくお願いします!ということで、今回はこれにて。

「映画化記念!1号・2号ライダーと4人の幹部怪人!」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-05-29 21:04 | 特撮系
←menu