顔ほど穏やかでないアフリカの星・日輪仮面!

c0040422_18425374.jpg

こんばんは、Gです。今日も調子が悪く、仕方なくお休みです。でもイラストをまた仮面ライダーにするのは芸が無い、というかストックから持ってくるにしても、少し強力なキャラクターを持っていきたいなというのもあり、パソコン内のストックにあったゴレンジャーの黒十字軍日本支部初代将軍・日輪仮面にしたいと思います。ここのところ、ずっとお日様続きなので。当初、黒十字軍日本支部には将軍がいなかったのですが、ゴレンジャーの出現により連戦連敗。そこで黒十字総統は当時アフリカで功績を上げ、「アフリカの星」と呼ばれた日輪仮面を将軍に起用します。日輪仮面は穏やかな顔をしてますが、作戦は卑怯な戦法ばかり。特別に部下を率いては無く、途中までは作戦を遂行し、形勢不利になると、逃げ出してしまいます。アフリカでは連戦連勝でしたが、所詮は成り上がり者だったのです。ですので、「将軍」と呼ばれた事が一度もありません。5人の仮面怪人を指揮しますが、あっさりと黒十字総統に見切りをつけられます。将軍の椅子が届きますが、それは日輪仮面のためでなく、次期将軍・鉄人仮面テムジン将軍のためのもの。それを知った日輪仮面は処刑されそうになったふりをして、アカレンジャーを窮地に追い込むという、これまた卑怯な戦法をとりますが、これも失敗。わずか6話で姿を消してしまいます。2代目将軍の鉄人仮面とはえらい違いです。鉄人仮面については以前の記事「鉄人仮面、バリブルーンと共に散る!」をご覧下さい。日輪仮面との違いをまざまざと見せつけてますので。明日は久々の病院行きです。医者ネタか。また考えなくては。それでは今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2005-05-10 19:43 | 雑談
←menu