「ほっ」と。キャンペーン

GのNo.1ウルトラ怪獣!ケムール人です!

c0040422_16302468.jpg
こんにちは、です。腰の痛みは、今のところブロック注射が効いてます。ということで、特撮ネタとしてはマグマ大使の4コマ以来、特撮系記事としては9日ぶりに記事を載せてみます。それもがもっとも大好きなウルトラ怪獣です。その名はケムール人。意外ですが「ひいろお倶楽部@」初のウルトラQものです。イラストは以前に描いたもの。ウルトラQ第19話「2020年の挑戦」に登場するケムール人のお話を少しばかり。空飛ぶ円盤が日本に飛来、それから人間が突如消えると言う事件が多発する。調査に乗り出した万城目淳、戸川一平、江戸川由利子の3人だったが、由利子が消されかけ、助けられるものの、今度は万城目が消されてしまう。この事件がケムール人との交信記録をつづった神田博士の著書「2020年の挑戦」のとおりに事件は起こっていた。昭和41年当時に2020年に値する科学を持つケムール人は医学が発達したために500歳の寿命を誇るものの、肉体が高齢化してしまい、地球人の若い肉体を求めてやってきたのだった。消却液で消された人間はケムール星へと転送されるのだ。由利子をしつこく狙うケムール人神田博士も消され、残されたのは神田博士宅にあったKミニオードの試作品だけだった。ケムール人万城目に化けて由利子を狙うが、間一髪、警察の宇田川刑事に助けられる。遊園地で警察と対じするケムール人。巨大化までして襲い掛かるケムール人だったが、Kミニオードを設置した東京タワーからケムール人の苦手なXチャンネル光波が発射され、ケムール人の頭に直撃!ケムール人は倒され、消えた人間達も戻ってくる、という展開。死ぬ間際にケムール人は自分の体に消却液をかけて消えますが、せめて死ぬ時は故郷で死にたかったのでしょうか・・・。まず、ウルトラQを知らない方に説明しますと、人間に起こる数々の怪事件に万城目淳、戸川一平、江戸川由利子、更に一の谷博士の4人が立ち向かっていくというもので、ここからウルトラマンへと話が繋がっていきます。さて、今回のケムール人。本当に不気味な宇宙人として登場します。360度を見渡せる3つの目、頭の先から出る消却液、走るとパトカーよりも速く、スリムなボディで巨大化能力を持つ。とにかく不気味。なんでこんな宇宙人がのお気に入りかといいますと、デザインした彫刻家・成田亨の芸術性全てがここに集約しているからです。どこが顔なのか分からないこのデザインに特にその芸術性が集約されてます。特撮史上では初めてウエットスーツを着ぐるみに使い、スーツアクターには後にウルトラマンも着る事になり、セブンではアマギ隊員でお馴染みの古谷敏氏である。ケムール人の鳴き声は映画「マタンゴ」から流用、後にこの声はバルタン星人にも流用されます。ケムール人はその後の宇宙人となる要素のベースとなった貴重な存在であり、はその面からも大好きなのです。ケムール人ウルトラマンではメフィラス星人の配下?として2代目が登場、さらに謎の宇宙人・ゼットン星人に流用されます。(宇宙恐竜・ゼットンの名の由来?を参照)2代目は恐らく新たに制作したものと思われ、2代目のボディはウルトラセブンキュラソ星人となります。また初代2代目かは度忘れしましたが、快獣ブースカに登場する原始人にもボディが流用されます。ケムール人は色々な形でまさに宇宙人や怪人のベースともいえる存在というのが、おわかりいただけたでしょうか?のお気に入りであり、その後の特撮に影響を与えたケムール人は拍手を送りたいです。ということで、いかがでしょうか?明日もできそうでしたら、特撮ネタやりますので、ヨロシク!では!
[PR]
by gun_gun_G | 2005-04-23 16:41 | 特撮系
←menu