「ほっ」と。キャンペーン

久々に以前アイデア頂いたGのオリジナル魔神、いきまーす!

こんばんは、3日ぶりのGでございます・・・。

まずは業務連絡から。

Gの携帯は5月27日から止まっています。
復旧まで時間がかかるため、Gへの連絡はしばらくの間は
固定電話、PCメール、ブログの非表示コメント
までお願いします。


あと26日にエキサイトブログからこんな発表があったようです。



「「エキサイトマイリンク」リリースに伴うスキン内ロゴ画像の変更」

(クリックすると詳細が見れます)

最近はそういう事は少なくなってきましたが
サーバの影響をモロに受けやすいブログですので
それさえなければ良いサービスだ
とは思いますけどね。

さて、前回のオリジナルを超えたカヴァー曲Part6の記事でも書いたように
とにかく、ここのところ忙しくて今日明日やっとお休みを昨日言い渡された
のですが
もう疲れてしまって今日もやらなきゃいけない事があるのに
ずーっと寝てたんですよね。

まあ、今日は大雨だった事もあったのですが
昼過ぎに起きてから今日の用件は進めたものの、
まだ全部の用件や溜まってるメールや連絡を処理できてません・・・。


だって、このブログにも書けない様な事もあって
スケジュールがパンパンで心身ともにグロッキーになりそうで
ニンニクを食べたり薬で調節したりして何とか乗り切ってたくらいで
鉛筆画を描こうとすると完成しては寝る有様で
流石に一昨日の御茶ノ水の病院でも
今度のお休みでしっかり休養をとるよう言われましたよ。


その病院の詳しい事は病院系記事で後日に書きますが
その病院系記事も一昨日の分含めて4つも溜まってしまい
鉛筆画も完成してるには病院系記事用のものと
ストック分、未完成分という感じで

ストックもアナホリダブラーの記事で紛失してるだけに多いわけではない)
今日は当初、病院系を1つ消化しようと思ったのですが、

なんか今日、病院系書いて凹むのは嫌な気がしてね。

読んでる側だってそうでしょう?
病気の状況を知りたい方もいらっしゃる事から病院系を書いてますが
凹む時に凹む記事を書いてもなあ、と思い直しまして。


かといって疲れてるから今日、鉛筆画を描く気は全然しなくて
Gの携帯の件は書かないといけなかったので、
それだけ書いて、はい、記事終わり!としたくても
新しい鉛筆画のアイデアは出るものの描く気がしない


そこでですね、発想を変える事にしました。

ストック分から
今まで書いてなかったネタをやってみようかな、
と。
明るいネタの方がG的にもいいかな、と。


そう思って以前、鉛筆画を描いたノートを見つけておいてきました。


前置きが長くなりました。
以前に昔、Gが
アニメ「魔神英雄伝ワタル2」の魔神コンテストに落選した記事を書きまして
その際に没ネタ含む色々なGのオリジナル魔神を載せた
のですけど、
その記事にブログの常連さんである拳螺閣下さんからコメントを頂いてたんですね。

拳螺閣下さんもこのコンテストにはトライしようとしていて
アメリカモチーフの第五星界向けにカナダで出土した化石も来る
当時の幕張の恐竜博にちなんだものを考察してた
そうなんです。

それを読んだ時にGは「なるほど」と思ったんです。

確かに応募があった頃にはモチーフはヨーロッパ、アフリカ、アジアと
ワタル2の魔神は展開されておりモチーフで残ってるのは
オセアニア、北米、南米
でした。

オセアニアは既に第四星界と決まってたので
Gも拳螺閣下さん同様に優勝したら
起用されるのは北米あたりになるのではないか?
と思ってました。
(実際は優勝した魔神アームクージラはオセアニアで起用されましたが)

北米といえば恐竜の化石発掘現場でもかなり有名な地域
です。
これは円谷プロの恐竜三部作が好きなGも思いつきませんでした。

拳螺閣下さんが仰るように確かにトリケラトプスなど
有名どころの恐竜を魔神にするのは難しい
です。
まあ、これら恐竜はワタルとワタル2の間に放送された
「魔道王グランゾート」である程度は解決されてますが
そこでGは、ふと、思ったんです。


恐竜モチーフだったら
人型の魔神でなくてもいいのではないか?


そう思いついたGはジブリでヒロカマ!のとなりのトトロのラフを描きながら
拳螺閣下さんのアイデアを参考にしたGのオリジナル魔神を
ラフですけど完成させてた
のであります。

ちょっと、どんな感じでラフを完成させてたかをお見せしますね。

c0040422_17494731.jpg


恐竜ブロントザウルスをモチーフにしたGのオリジナル魔神であるブロントンです。

ブロントザウルスでしたらネイティブアメリカンの伝説でも
雷竜
(だったかな?雷馬だったような気も・・・)の骨という
言い伝えのある恐竜ですから起用
しまして

ネーミングは北米だけにブロントザウルスと
俳優のチャールズ・ブロンソンを引っ掛けて割とあっさり決めました。

チャールズ・ブロンソン氏とみうらじゅん氏が好きなGですので)

基本的にはあくまで腕とかをオミットしブロントザウルスそのままの姿にしました。

そのかわりカミナリ竜だけにカミナリバン板という武器を
日本の兜をモチーフに胴体へくっ付けて
頭は首にあるのではなく胴体の上部に隠すようにデザイン、
動きをカバーするためバーニアを幾つか付けておきしました。


頭を胴体につけたのには理由があり、それは下記の武器設定と関係します。

c0040422_17504694.jpg


c0040422_17515950.jpg


まず首と尻尾は実は繋がっており胴体から蛇のように発射し
自由に操る事ができます。
またこの首は腕が無い魔神の腕代わりにもなっております。



c0040422_1753192.jpg


c0040422_17541243.jpg


胴体の武器としては脚を伸ばして攻撃する打撃技カミナリレッグラリアート
胴体に刺さっているカミナリバン板という放電板を装備しており
カミナリレッグラリアートでの攻撃時は体の重さとバーニア移動を生かし
カミナリバン板はそのまま放電したり、腕代わりの首で刺したり、
首の発射後は頭からリモートコントロールしたりして攻撃
します。

ただ、首にしろカミナリバン板にしろ
胴体についてる頭のリモートコントロールで動いており
その頭に攻撃を受けてリモートコントロールが使えなくなると
当然それらの装備も使えなくなるわけで
武器も打撃技のカミナリレッグラリアートのみに一気に減るという
弱点を持っているので頭を目立たなくさせている
のです。

まあ、ラフですけどこんな感じでまとめてみたんですよね。
ただ、プラモデル向けのギミックではないね(苦笑)

去年の話とはいえ拳螺閣下さんのアイデアのお陰で
ここまでアイデアが膨らませられました。
遅ればせながら、ありがとうございます。


今日は久々のオリジナル系をやってみましたが如何だったでしょうか?

明日も仕事はお休みなので、ここはじっくり休んで
無理ない程度にですけど通常通りに記事が書ければなあ、
と思います。

鉛筆画はストックとはいえ、かなり長文の記事になりましたので
今回はここらで書き終えますね。
では、此れにて。






「オリジナルを超えたカヴァー曲Part6(はぐれベーダー85)」
「これだけのイラストストックをアナホリダブラーが探してます。」
「昔、魔神英雄伝ワタル2のアームクージラにも大敗北を喫したG・・・。」
「「ジブリでヒロマカ!」で「となりのトトロ」(はぐれベーダー76)」
[PR]
←menu