「ほっ」と。キャンペーン

宇宙戦艦ヤマトVHS全巻揃った記念にドメラーズⅢ世颯爽と登場!

c0040422_18205380.jpg

c0040422_18213548.jpg


こんばんは、3日ぶりのGでございます・・・。

自宅の仕事と私用とメール処理が終わったのが今朝4時20分。

眠い。

ここのところ、何だかんだで深夜3時くらいまで何かしら作業している。
薬の影響で深夜1時越えると何かしら間違いをしているし
日中でも疲れてるつもりは無いのだが物忘れが激しい。


眠い。

今晩、仕事の打ち合わせの電話がかかってくる予定。

眠い!!!!!!

しかし、眠れない。悲しい・・・。

今週はそんな感じの流れですし、
シャドウオニヒトデバラペテンとあまり良い雰囲気の記事の流れではなかったので
今日は消化する記事は中断して肩の力を抜いた記事にしますかね。

といっても鉛筆画は気合入ってますが(笑)
というか、よく記事アップする時間を確保できたなあ、と思いますね。

単純に不在中の郵便を待ってるだけなんですが。

今日は冒頭の鉛筆画にもあるように特撮ではありません。

ザブングル・ブラッカリィタイプの記事で戦闘メカ・ザブングルVHS全巻揃った記事を、
ガラバの記事聖戦士ダンバインVHS全巻揃った記事を、
ギゴギラーの内部図解ヴァージョンの記事ウルトラマン80VHS全巻揃った記念を、

まあ、それぞれやったわけですが
(あ、2つ忘れてるのがあるや!今度、記事にしないと・・・)

昨日は以前から近所で目に付けてた中古VHS処分品を
給料日という事で私用で外出した帰り(しかも夜中)に買ってしまいました。

しかも他店さんから。

何をやってるんでしょうか・・・。

2つのアニメを各2200円と格安だった事もあり、
全巻、大人買いしてしまったのですが今日はその1つを記念記事で書きます。
レイズナーとかボトムズとかは全巻という訳ではなかったので止めましたが
(レイズナーは全巻だったもののOVAありとはいえTV版のあの終わり方には納得できず・・・)

まず今日書くのは、宇宙戦艦ヤマト。
もちろんPart1。

以前にそのお店に入った時から一番気になってた本命です。
欲しかったのよね、コレ。

ヤマトは見ていましたしプラモデルも100円のを買って作ってましたが
Gが完全にハマったのは機動戦士ガンダムより後の事でございます。

雑誌B-CLUBに企画案を出すというコンセプトの募集コーナーが昔あって
その中にファミコン版ヤマトのシューティングゲーム、
という企画した方の応募がありまして。
(ファミコン版というのが時代を感じさせますが)
「渋すぎないか?」という評価がそこには書いてあったもののトップで書かれてました。

その企画案で3面か4面に冥王星が舞台で出てくるのですが
反射衛星砲とかが出てくる中で(サイコガンダムMkⅡの元祖みたいなもの)
冥王星のボスキャラ?がシュルツ艦なんです。

シュルツ艦?

TV見たりプラモ作ったりしてたもののガンダムほど熱を入れてなかったので
シュルツ艦なんてプラモであったっけ?と思ったのです。

そこでヤマトに詳しい友人に聞きに行くと
ガミラス帝国軍の冥王星前線基地のシュルツの話をしてくれて
更にガミラス艦のデストロイヤーの形式まで教えてくれ
(今、思うとそれを説明しないとシュルツ艦の説明が出来なかったのでしょう)
更に更にケイブンシャの大百科まで貸してくれ
最後にはレンタルできるビデオレンタル店も教えてくれました。
(それが今回買ったお店)

いや、もうヤマトの奥の深さにハマった、ハマった(爆)
結局、全巻見ましたよ。時間かかりましたけど。

そんな思い出もあって今でもヤマトは大好きなんですが
多分、ファンの人からすると未だにビギナーの域は超えてないとは思います。
(その割には書物を集めてますが)

ヤマトでGのお気に入りの艦船がガミラス帝国軍では2隻あるのですが

1隻はデスラー戦闘空母。

戦闘空母はヤマトにハマる前から気に入ってて
七色星団の初登場ヴァージョンの時から好きで
ドリルミサイル爆撃機や後のデスラー砲装備状態も
あの甲板が回転して砲座が出てくるというアイデアが渋いですよね。
プラモを大小含め何回買った事か(笑)

そしてもう1隻はこの鉛筆画にもあるドメラーズⅢ世なのであります。

(郵便屋さんが来たようなので一旦ココで休憩します・・・)

郵便屋さんの後に仕事の打ち合わせの電話があったので遅くなりました。

・・・その件は明日、緊急で記事にします・・・。

正式名称・改ガミラス一等宇宙戦闘艦ドメラーズⅢ世は
ガミラス帝国軍が誇る名将である銀河系方面作戦司令長官のドメル将軍が
3連装大型砲台×3、艦首大型ミサイル発射管×8、小型ミサイル発射管×24、
小型固定砲台を多く備えたヤマトの1.6倍の大きさもある最新鋭大型戦艦であり
デスラー総統の命によりドメル将軍がバラン星に赴任した際に旗艦としていた。
第6区4次元演習場で3000隻(!)の大艦隊を率いての大演習の際に
たまたま空域である異次元空洞に来たヤマトを発見、攻撃し追い詰めるも逃げられ
ドメル将軍はヤマトが強敵である事を耳にしてたとはいえ改めて思い知らされる。
その後、バラン星基地にエネルギー供給している人工太陽をヤマトにぶつけるため
バラン星を脱出した際にドメル将軍赴任で格下げとなったゲール将軍と搭乗するも
バラン星基地も犠牲にする作戦と聞いたゲール将軍はデスラー総統に密告し
デスラー総統は基地を失う作戦の中止をドメル将軍に命じる。
結果、これが仇となり停止した人工太陽は波動砲で破壊され
バラン星基地も破片により壊滅する、という有名なエピソードの後、
ドメル将軍は旗艦をドメラーズⅡ世に乗り換え七色星団での決戦に挑むのである。

このドメラーズⅢ世のデザインが実に良くて。
今回の鉛筆画もガミラス帝国の艦船では最大級を誇る事から
巨大感をアピールしたパースにGなりに工夫して描いてみました。
ですので、設定画などとは見え方が違うと思います。
(ブリッジの後部はアングルの関係で板状ではなくアンテナっぽくなっちゃいましたが)
松本零士氏のメカニックはゆがみがいいという書物がありましたが、
こういうところが許せるのもヤマトのいいところ。(最近のメカでは無理ですね)
ドメラーズⅢ世の鉛筆画が見やすいように
サタンモアの記事ドクガンバの記事と同じ掲載形式にしました。

遠路はるばるイエローサブマリン大宮店まで行って
ウェーブのガレージキットを買いたくても高くて買えなくて何度も通ってました。
今でもそのガレキは欲しいですが高額でとても手が出ないです・・・。

それくらい好きですね、ドメラーズⅢ世。

もっともGがガミラス帝国で一番好きな将校は
タラン将軍ですけどね。

(えええええ!そこまで書いておいて、そんな・・・)
初登場時とそれ以降では顔が違うのですが。
(いや、そういう事ではなく、ドメル将軍の立場は?)

まあ、そんなところで今日はヤマトの話題でした。

明日は消化したい記事か、この続きを書こうと思ったのですが・・・
多分、お知らせになるかと思います・・・
予想はしてたから仕方ないのですが・・・。


肩の力を抜いたどころか、肩をガック
リしてしまいましたが
今回はとりあえず此れにて失礼します・・・。

(今日からブログが安定してるようなので少しずつ太字処理を試してみました)







「病院へ行ってきましたPart142・シャドウオニヒトデに採血されて?」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part30」(バラペテン)
「ザブングルのビデオが今日全て揃いましたあ!」(ザブングル・ブラッカリィタイプ)
「今度はダンバインのビデオが揃いました!」(ガラバ)
「記事数700件記念!とウルトラマン80VHS全巻揃ってた記念!」
(ギゴギラーの内部図解)
「閲覧者総数230000人突破!ウルトラ版「タワーリング・インフェルノ」のサタンモア!」
「ドクガンバのドクガ砲による蔓延で?Gさん、またもや代理出勤・・・」
[PR]
by gun_gun_G | 2009-03-12 19:17 | 雑談
←menu