アニメーション監督・小説家の鳥海永行氏逝く・・・日本アニメ界の巨星

c0040422_15354560.jpg


こんにちは、3日ぶりのGでございます・・・。

昨日の日勤は、さほど忙しくなかった事もあってか、
疲労から早めに寝てしまったものの、
今までと比べると比較的、体調面が安定しており、
今日は月末にやっておきたい事を処理する等、
久しぶりに穏やかな日を過しています・・・。

絵に対する意欲もだいぶ出てきた方だ、と書いてもいいか
と思います・・・。
まあ、直接、絵を描く事は以前に比べると少ないですが、
アイデアを頭の中でまとめたりはしていますし、
偶然というもありますけど少し思うところもあって
2月には出かけてみよう
とも思っています・・・。

今週はUSURAの記事から続く体調面の不安定さから、
1回分の記事の余裕を元々、取ってはいた
のですが、
前回のケン一くんのパパと忍者ハットリくんの記事のアップ直後に
ざんぶろんぞさんからお知らせを聞いて「え!?」と驚いてしまいまして。

どうもすれ違いで、お互いのブログを読んでた格好
のようですが、
(その節はありがとうございました)
去年のゲララチンの記事でも訃報記事は書かないとしたGも
これは流石に追悼記事を書かないとイカンだろうと思い
体調面の折り合いから1回分の余裕をここで使わせて頂き
今日掲載予定だった記事を月末に遅らせる事にしました。

hiyokemusiさんのコメントの通り、こういう訃報が最近多すぎる気もしますが
(コメント頂きありがとうございました)

どの方の訃報にまた驚いたか
といいますと・・・


アニメーション監督・小説家の鳥海永行氏が23日に亡くなられました。
67歳でした。


・・・鳥海氏の訃報を読んだGには正直、言葉が見つからなかったんですよね。

Gも鳥海氏の体調面がよくないという噂は耳にしてはいた
のですが、
67歳という若さで亡くなってしまいましたからね。

科学忍者隊ガッチャマンの大ファンであるGとしては
昨年、ベルク・カッツェ役の寺島幹夫氏の訃報記事を書いただけに
その翌月に鳥海氏が亡くなると聞いては
言葉が出ないのも無理ない
といいますか・・・。

鳥海氏がタツノコプロに入社後、科学忍者隊ガッチャマンの総監督に抜擢され
以後、様々な作品で日本のみならず世界からも評価された事は
鳥海氏がいかに日本のアニメを促進していった功労者の1人である事を意味し、
押井守氏、西久保瑞穂氏、うえだひでひと氏、真下耕一氏などの
タツノコプロ出身の若手演出家の事実上の師匠
でもあり、
あのスタジオぴえろの設立メンバーでもあり、
オリジナルアニメビデオという分野を開拓し、SF小説も書かれ、
様々な形でアニメ界に影響を与え続けた巨星
でありました。

Gもガッチャマンの他でもマッハGoGoGo、おらぁグズラだど、ハクション大魔王、
(以上は演出作品)
宇宙の騎士テッカマン、ザ☆ウルトラマン、ニルスのふしぎな旅、
太陽の子エステバン、エリア88、
(以上は監督作品)
忍者戦士・飛影(絵コンテ演出作品)あたりは、よく見てました。

しましまのとらじろうも鳥海氏が担当されてたのには正直、驚きました。

鳥海氏の独特のメカニックの描き方もGは好き
でした。
鳥海氏の高評価の理由の1つがそれでもあります。

ただね・・・何ていうか、あまりにも大きな存在だっただけに
これくらいしか言葉が見つからないんですよ。
よく追悼記事を書こうと思ったなあ、とG自身も思います・・・。


でも、鳥海氏は色々な方のインタビューを読むと厳しい方だったようですが
後世にもアニメを促進できる道を築き人材も残していきました。

鳥海氏の志は過去の作品ばかりではなく、
きっと、ずっと、新たな作品が生まれ受け継がれていくと思います・・・合掌。

当初、この1月はウルトラ怪獣は起用しない予定
でしたが、
今日の鉛筆画は鳥海氏がチーフディレクターを務めた
ザ☆ウルトラマンから起用
しました。

ただウルトラ怪獣が当初の起用予定でなかっただけにどうしようか?と色々考えて
せっかくなので鳥海氏が絵コンテも担当したウルトラ怪獣を起用しよう、
と思いついたものの、鳥海氏はスタジオぴえろ設立の関係で
ザ☆ウルトラマンを途中降板しているため、
絵コンテで鳥海氏の名義担当したウルトラ怪獣も
シーグラ、ザローム、コグラン、バダンと極めて少ない。

(絵コンテ名義不明のウルトラ怪獣もいるので何とも言えませんが)

結局、オーソドックスにザ☆ウルトラマンの絵コンテを鳥海氏が最初に担当した

ザ☆ウルトラマン第1話「新しいヒーローの誕生!!」

脚本・阿部桂一、演出・石田昌久、敬称略

から冷凍怪獣シーグラを起用するに至りました。

ちなみにザ☆ウルトラマンからのウルトラ怪獣の起用は
皮肉にもこれが初
となります・・・それで今回の記事は特撮系なのです・・・。

(今日はここで一旦、休憩に入ります・・・)

それでは、シーグラの説明に入りたいと思います。

シーグラは南極大陸から北上してきた氷山から4体も出現した冷凍怪獣。
最大の武器である口から吐く冷凍ガスで東京湾を凍りつかせてしまう。
4体登場して群れを成した割には連携性に欠けており、
うち2体は同士討ちで倒れている。
突如、地球各地の上空に解読不能の文字が現れたため、
防衛軍の宇宙ステーションEGG3から科学警備隊へ出向した
ヒカリ超一郎が地球に迫る危機を察して人類を救うべくU40からやってきた
ウルトラマンジョーニアスと同化した時期
であった事から、
ウルトラマンジョーニアスの初対戦の相手となった怪獣でもあり、
残る2体もプラニウム光線の前に敗北する。
シーグラの武器は冷凍ガスの他に鋭い角がある。
アニメ初のウルトラ怪獣もこのシーグラ、
という事にもなる。

次回は今月中にアップしたい記事でもある事から
遅らせてもいますし、通常通りの記事展開を予定
しています。

それでは、今回はこれで失礼します・・・。






「もう少し時間を下さい・・・。」(USURA)
「俳優・社会福祉活動家の牟田悌三氏逝く・・・日本を代表するお父さん」
(ケン一くんのパパ、ハットリカンゾウ)
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」
「名優・寺島幹夫氏逝く・今日はゲストの方に語って頂きます・・・」
[PR]
by gun_gun_G | 2009-01-28 17:11 | 特撮系
←menu