声優・市川治氏逝く・・・永遠の美声

c0040422_19355024.jpg


こんばんは、3日ぶりのGでございます・・・。

第2回Gサンタプレゼント〆切の記事ロボコンの記事USURAの記事
前回の死神バッファローの記事
ここのところ安定しない感のある「ひいろお倶楽部@」
ですが、
その間、ご心配頂いた方々からのメールやコメントには
Gもこの場を借りて本当に感謝しています。

17日には入院時代の友人から偶然ですが電話を頂きました。
急死した彼女とは共通の友人、という事になる
のですが
(ロボコンの記事で相談した友人とは別の方です)
Gがこんな感じなもんですから友人が事情を聞いて
当時の事も知ってる数少ない友人でしたので
「私も頑張るから元気を出してね」と励まされました。

それ以降も不安定感はまだあるものの、
また少し絵を描きたいなあ、という気持ちが徐々に出てきてはいます。

その勢いといいますか、その直後に元々、記事にしたいと漠然と思ってたものを
どうしても描きたいと思いまして、バーッと鉛筆画やらの作業をしました。


レスはしてないものの色々な方のブログなどはたまに拝見してまして
死神バッファローの記事を書いた直前くらいに
ざんぶろんぞさんのブログpulog1さんの掲示板を拝見した際にビックリ
しまして
去年のゲララチンの記事でも書いたように
訃報記事は書かないでおこうと思ってましたが

「仮面ライダーで最も気に入ってる怪人は海蛇男

と公言してるGとしましては、どうしてもそのままにしておけなくて
本日遅ればせながら記事にしました・・・。


前置きが長くなりましたが、どの方の訃報記事に驚いたかと言いますと・・・


声優・市川治氏が2日、心不全のために亡くなられました。72歳でした。


そうです、Gの好きなショッカー怪人・海蛇男の声も市川氏の担当でした・・・。

まあ、市川氏の声はGの支えの1つだった事は間違いないですね。

そもそも他の役で市川氏は仮面ライダーの声の仕事をしてたものの
怪人の声を最初に頼まれた時はちょっと考えた
といいます。

テアトルエコーの方々の怪人の声の仕事ぶりを間近で見ている市川氏は
声質が知的な感じや若々しい感じのイメージが強く、
スーパージェッター等、そういう役柄がそれまで多かっただけに
荒々しい怪人の声が声質に合うのだろうか?と思われた
そうです。

そこで市川氏は発想を変えて、そういう荒々しい怪人は他の方が向いているので
自分はこの声質を生かした怪人の声をカラーにしていけばいいのではないか?
と発想を転換して怪人の声に臨み、この発想の転換がうまく作用し
市川氏独特の怪人の声のカラーが誕生
しました。

その後の勇者ライディーンのプリンス・シャーキン
超電磁ロボ・コン・バトラーVの大将軍ガルーダ、
超電磁マシーン・ボルテスⅤのプリンス・ハイネル
を皮切りに
市川氏のもとに美少年役の声の仕事が集まり
市川氏の美声と発想の転換で当時は女性にも支持を受ける等、
不動の人気を得る事は皆様のご存知の通り
ですが
(ハイネルがカザリーンの最期に叫ぶシーンはエコー無しでガラスの反響を計算したそうです)

コン・バトラーVではガルーダの死後も総統ワルキメデスを市川氏は演じており、
そういった役柄の方が楽だったと後年、市川氏は語ってた
そうで
ロボっ子ビートンのノーベルさんやドカベンの不知火が
市川氏ご自身の性格にも合ってハイネル同様に気に入られてた
ようです。

Gも市川氏のセリフで一番好きなのは
ワルキメデスが女帝ジャネラに脳を取られそうになる際に叫んだ

「恨むぞぉ!ジャネラァーッ!」

とかが何故か頭に残っていたりしています。

結局、ここに挙げてる人物が出てくるくらい、
Gも市川氏の声で育ったんだなあ、
と思います。

そういう芸達者の声優さんがドンドン来世に行ってしまうのは非常に残念ですが
残された市川氏の声を大事に聞いていく事が
残されたGにとっても大事なんでしょうね・・・合掌。

俳優の牟田悌三氏の訃報もケンちゃんシリーズで育ったGにもショック
でしたが
ちょっと体調的に牟田氏の分まで記事が書けるのかは微妙なので
牟田氏には申し訳ないのですが合掌させて頂くと共に
今回のように体調面で折り合いがついた際にまた改めて書く事にします・・・。

(牟田氏の追悼記事は1月25日に掲載致しました・・・)

今回の鉛筆画は訃報記事ですと敢えてセオリーを避けていくG
ですが
勢いで描いた鉛筆画はpulog1さんの掲示板に同感して
市川氏の仮面ライダーシリーズの名キャラクターを起用
しました。

c0040422_1937087.jpg


仮面ライダーストロンガーに登場のデルザー魔人である鋼鉄参謀です。

本当に勢いで描いたので荒削りの上、バランスも悪く、
手にした鉄球も汚しなどを省略した形にして
紙いっぱいに描いた鉛筆画ですが、今回はこの絵でご容赦を・・・。


(今日は体調面を考えて無理せず、ここで一旦、休憩に入ります・・・)

(1月19日PM21:42)

それでは少し休ませて頂いた所で鋼鉄参謀の説明に入ります・・・。

鋼鉄参謀はフィンランドの黄金魔人の子孫という設定を持つ
ストロンガー後期の敵組織デルザー軍団屈指の実力派の猛者。

呼び寄せたジェネラルシャドウ
「ストロンガーを倒した者がデルザーの指導者」という案に
一番手として挙手しストロンガーと実に5回にわたって戦いを挑んできた。

話数にしても27、28、29話と3話連続で登場している)
正攻法を好む怪力無双のデルザー魔人であり
ストロンガーの電気技を吸収し己がエネルギーに転換する強靭なボディを誇り
巨大な鉄球を怪力で振り回して襲い掛かる。
狡猾な性格で同じくデルザー魔人である荒ワシ師団長とは
軍団内でも一番仲が悪く、戦いの邪魔をする彼に抗議をした事もある。
軍団内屈指の実力者だけにストロンガーを倒すか
とも思われたが
同じくデルザー魔人であるドクターケイトに酸性物質が弱点であると指摘され
彼女の毒素によって遂にストロンガーに敗れ去る。

同じデルザー魔人でもジェネラルシャドウより上の実力者である
マシーン大元帥も市川氏が声を担当
されてますが
Gの印象としては、やはり鋼鉄参謀の方が強く残ってますね。
正攻法の屈指の実力派というのがインパクト大
ですね。

今日は日中に用件があったため、やむを得ず夜に記事を書いてますが
流石にタイピングミスも出てきてる
ようなので
明日から少し出かける事もあり早めに切り上げます。

では、今日は此れにて失礼します・・・
次回はあともう少し元気に登場したいものです・・・。







「第2回Gサンタプレゼントを本日を持って〆切ります・・・」
「無題2」 (ロボコン)
「もう少し時間を下さい・・・。」(USURA)
「丑年Gさんの誕生日企画・メガール将軍の最期」(死神バッファロー)
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」
「秀逸したデザインとプリズムアイ・新1号ライダーVS海蛇男!」
「ひいろお第31話:ヒーローの宿命」 (仮面ライダーストロンガー)
「白い悪のダンディズム・ジェネラルシャドウ!」
「ログインしようにも荒ワシ師団長が飛びます!飛びます!」
「病院へ行ってきましたPart4・ドクターケイト登場!」
[PR]
by gun_gun_G | 2009-01-19 20:33 | 特撮系
←menu