病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化

c0040422_1828122.jpg


こんばんは、連投のGです・・・。

昨日のセブン上司の記事でも書いたように
今日は昨日18日の眼科の定期健診の件で記事アップ
しました。

結果から申し上げますと悪化しました。

前回の眼科検診では眼圧値はヒトツメボーマの記事での
両目ともに23だった
のですが
(健常値が20以下なので、これでも充分高いのですが)

昨日の眼科の定期健診では
両目とも27でした。


3月のヘビヘビの記事くらいからの不眠症の頃に
一ツ目アイーダの記事にて10年間の通院でワースト記録に達した
右目:26、左目:30という状態
から
一つ目仮面の記事ヒャクメガンの記事
バックベアードの記事、ヒトツメボーマの記事と
山もありましたが少しずつ回復してた
のですけど

それに次ぐワースト2の眼圧の値まで状態が悪化
しかも右目に関してはワースト記録更新となってしまうという
緑内障としてはかなりよくない眼圧に
Gも耳を疑ったほどビックリしまして


眼科の担当医も

「ちょっと最近、眼圧がずっと高いよね・・・」

とカルテ?書きながら少し困惑した声で話していました。

Gはレッドデンジャーの記事で書いた
お茶の水の病院での過労の診断が出た件を話し
影法師ロボットの記事、セブン上司の記事と診断が経過して
休養明けになったばかりに近いので何かしら目にも影響は出てるとは思います、
と眼科の担当医に伝えました。


来年2月の予約は既にヒトツメボーマの記事の段階で取ってあるのですが
その次の予約の4月の予約が10週間も開いてしまう事から
眼科の担当医もカルテ書きながらGの話を聞いてはいたようで

(最初、聞いてるのかどうかわからなかったのですが)

「10週間もありますし目薬とかどうします?」

という質問をGにしたのでGは考えた末、
通常の量より多めに訂正して処方箋を出してもらい
早めに帰宅し少し寝る事にしました。

(1日に一回しか点眼できませんが今回は余る位がよいな、という判断で)

ただ、帰りのバスの中で冷静に考えたのですが

この秋になる前くらいから
目の調子がおかしいな、とは何となく思ってはいました。


というのも

お客様がタイトルをレンタルする際に
Gたちはカウンター後ろの棚に並ぶ
タイトルの入ったケースを取りに行く
のですけど、
その棚の最上段のケースの通し番号が
番号を留めてあるセロハンテープに
Gの目には悪影響を及ぼす蛍光灯が反射して
急激に見えなくなってはいた
のです。


場所によってはまるっきり番号が見えなくなってきており

「あれ?・・・去年までは見えてたような気がしたんだけどなあ・・・?」

と思って、夜勤担当の後輩に聞いたところ、
彼も「確かに見づらいですね」と答えた
ので
店のメンバーではGが一番背が高いので身長差もあるかな
とは思ったものの、そういうもんかな、と気に留めなかったのですね。

ベンゼン星人の記事で自宅の仕事があったとは言え
ヒトツメボーマの記事での眼科検診ではやや小康状態だったものの

それから間も無く

カノン・ハルコスゲシュートマントコング空爆エイイワガメ怪人カマクビガメ
レッドデンジャー、影法師ロボット、鉛筆画のペロリンガ星人
クレッセントの内部図解ヴァージョン獣人ヘビトンボ(成虫)マシュラ
サタンモアヒカリコング、セブン上司の各記事の流れで
かなりドタバタした状態だったですし、


11月中はほとんど代理出勤の夜勤で出てて、
しかも
13時間半の連続労働(自宅の仕事→店の夜勤)というのが
覚えてるだけでも3日以上は確実にある
んですよね。


そのうちの1日は
休養前の27日、28日のぶっ続けの自宅の仕事から
28日の夜勤をやってる
という・・・

(もうペースを落としたとはいえ何時間連続労働だったかも覚えてない・・・)


そりゃ、考えてみれば
眼圧上がって当たり前だわな。
TVとかレンタルDVDとか動画とかネットとか
長時間見る事が当然できない訳だな。


というか、Gとしてはちょっと盲点だったね・・・ホント。

その目の負担を出来るだけ軽くするため昨日のセブン上司の記事は
いつもよりやたら休憩の数を増やしていたのです。


もう、そのくらいキツかったもんで・・・はい。

(という事で今回もこまめに休憩を入れていきます・・・まずは一度目)

それで色々と考えたのですが

まず「ひいろお倶楽部@」のお休みという形は
今回は取りません。


長時間のネット連続使用がキツイ事
今年中に2件だけ更新したい記事がある事なども考慮して
カメレオンカンスの記事からタマムシ怪人の記事まで一時期行ってた
眼圧が安定するまでの自主制限を再び始めたい
と思います。

特撮系のイベント発生時、
急遽通った際の病院系、
コピペで負担の少ない
検索ワードランキング及びイラスト辞書、
急遽のお知らせや連絡用の雑談、
年末年始の特別な関連記事、


のみとさせて頂き、その他の記事は一切アップしない
(訃報記事、美術系、音楽系などを含む)、

という記事展開とし、次回の眼科は2月ですが
その前月の次回のお茶の水の病院の通院日である
平成21年1月20日まで様子見させて頂きます。

ネットやメール、コメントなどの
全体の使用時間の自主制限も基本的に上記に準じます。


せっかく転職など若干いい方向に行ってただけに
G自身も悔しい思いですが、もう、こうせざるを得ない
と思います・・・。

ご理解の程、宜しくお願いします。

今回の鉛筆画ですが眼科ネタという事で

ダイヤモンドアイに登場の前世魔人ゲララチンです。

光の戦士・ダイヤモンドアイのネタは本当に久しぶりですが
(ごめん、リクエストにあったヒメコブラをまだ描いてませんでした・・・)

眼科ネタの前世魔人なら一つ目牛がモチーフのモージンガーだろうって?


いえいえ、個人的にGのお気に入りというのもありますが
今回の適任はゲララチンと思い起用しました、はい。

(ここで二度目の休憩に入ります・・・)

「外道照身!霊波光線!汝の正体見たり、前世魔人ゲララチン!」
「ばーれーたーかー!」


という事でゲララチンの説明に入ります。

ゲララチンは大きな眼が特徴の昆虫型の前世魔人
手持ち武器を器用に使って戦う事が多く
背中の甲羅は外れて盾にすることが出来る。

ダイヤモンドアイの敵である前世魔人の特徴
として
首領のキングコブラ、娘のヒメコブラ、幹部のオニカブトンの3人以外は
同族の前世魔人が数回登場しダイヤモンドアイと戦う
というのがあり
(まあ、予算が少ないというのもありますが・・・)
モージンガー、サタンバット、ヒトデツボ、ケラリン、ワレアタマ、ケロキャット
(ケロキャットのみ猫マスク以外は幹部クラスに匹敵する)
などの
怪人クラスに値する前世魔人で最も同族の出撃回数が多いのが
このゲララチン
であり、ある意味では最もポピュラーな前世魔人でもある。

全部細かく書くと大変なので
簡単にゲララチンの同族の概要を書いておきます。

1.
第6話登場、人間体は内田勝正
氏演じる秘密兵器の暗殺者ドリル。
塩沢とき
氏演じる猫マスク(ケロキャット)の夫である。
武器は青龍刀背中の甲羅で防御する。
アイの必殺技ロイヤルパンチを受け妻のケロキャットに後を託し倒れる。

2.
第10話登場。他の前世魔人と共に悪霊世界にいた。

3.
第12話登場、人間体は笹本顕
氏演じるワイルド7のヘボピー、
ではなく殺し屋ウルフ。
武器は青龍刀目玉爆弾だが投げる爆弾の数に限りがある。
背中の甲羅を外して盾
とする。ロイヤルパンチに倒れる。

4.
第14話登場。他の前世魔人と共に悪霊世界にいた。

5.
第15話登場、人間体はグレーのスーツの男。
二刀流の青龍刀をふるってワレアタマとコンビで戦うも
アイの正義の風を受けて、ワレアタマと共に退散を余儀なくされる。

6.
第19話登場、キングコブラの人間体である源龍海の配下がゲララチンの人間体。

やはり二刀流の青龍刀で戦うもロイヤルパンチに倒れる。

7.
第22話登場、人間体は鈴木和夫
氏演じるジンドグマの幽霊博士、
ではなく狙撃者ガムロ。
武器は青龍刀と三叉槍、
そして体を丸め火の玉となる「忍法・火の玉の術」。
ヒメコブラをサポートしロイヤルパンチをヒメコブラを庇って受け倒れる。

8.
第24話登場、人間体は池上臣功
氏演じる電人ザボーガーの魔神三ッ首、
ではなく(それはアクション担当だった・・・)オニカブトンの部下A。
棒術を得意とし投槍も行い背中の甲羅を外して戦う。ロイヤルパンチに敗北。

9.
第26話(最終回)の最終決戦時にモージンガー、ケラリン、ワレアタマと共に
サスマタを武器に戦いを挑むもケラリン、ワレアタマと一緒に
ロイヤルパンチに倒れる。


こう書くとわかるとおりゲララチンがいかに多く登場し
キングコブラやヒメコブラ、オニカブトンに信頼されて出撃してたかがわかる。
ワレアタマと組む事が多くワレアタマも登場回数が8回と
ゲララチンの次に登場回数が多い。


以上ですね。

起用理由は目玉爆弾、という点ですね。
Gもいまや目玉爆弾と化してますので

では、明日は土曜日の日勤という忙しい時間帯の出勤
となりますが
まあ・・・書くだけの事は書いたと思いますので・・・今回は此れにて。
また、お会いできる日まで。







「病院へ行ってきましたPart140・セブン上司?にも会ってきました」
「病院へ行ってきましたPart136・ヒトツメボーマのドキドキ視野検査」
「しつこいヘビヘビのノイローゼ攻撃からようやく復活、かな?」
「病院へ行ってきましたPart121・一ツ目アイーダの眼圧ワースト記録更新」
「病院へ行ってきましたPart125・2ヶ月経った一つ目仮面の眼圧は?」
「病院へ行ってきましたPart128・バックベアードの眼圧がまたやや上昇?」
「病院へ行ってきましたPart133・ヒャクメガンほどではないが眼が少し良くなったか?」
「病院へ行ってきましたPart138・Gさん、レッドデンジャー発動。」
「病院へ行ってきましたPart139・影法師ロボットの如く正反対の体制に」
「円谷プロ森島社長退任・1年間Gがブログでは直接書かなかった話」(ベンゼン星人)
「小松投手の通算100勝目を見た日」(カノン・ハルコス)
「病院へ行ってきましたPart137・ストレスMAX状態でゲシュート参上?」
「一体がんがんじいは誰と戦ってたのか?」(マントコング)
「空爆エイのピンポイント爆撃?絨毯爆撃?で記事をしばらく休みます・・・。」
「イワガメ怪人の首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを延ばします・・・。」
「カマクビガメの首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを更に延ばします・・・。」
「特技監督・高野宏一氏逝く・数多くの映像を残し星の世界へ・・・」
(ペロリンガ星人の鉛筆画ヴァージョン)
「記事数900件記念!再登場の月の輪怪獣クレッセントの内部図解!」
「只今Gさん、身売り中。」(獣人ヘビトンボ(成虫))
「11月にトラックバック750件突破!きのこ、とくればマシュラ!」
「閲覧者総数230000人突破!ウルトラ版「タワーリング・インフェルノ」のサタンモア!」
「Gにもヒカリコングの光が見えてきたのか?」
「病院へ行ってきましたPart122・さよならカメレオンカンス」
「病院へ行ってきましたPart127・タマムシ怪人のおかげでドタバッタン状態?」
「俳優・声優の中江真司氏逝く・Gのお気に入りはダイヤモンドアイ」
「VDT症候群」
「緑内障」
[PR]
by gun_gun_G | 2008-12-19 19:22 | 病院系
←menu