病院へ行ってきましたPart139・影法師ロボットの如く正反対の体制に

c0040422_1259150.jpg


こんにちは、5日ぶりのGでございます・・・。

前回のレッドデンジャーの記事でも書いたように
11月29日から過労のため休養に入っていますが

実質的には

11月29日 公的負担の継続申請に必要な書類を取りにお茶の水の病院へ行く
12月1日 公的負担の継続手続きを市役所にて行う
12月2日 翌週は担当医が休診のため診察を受けにお茶の水の病院へ行く

とドタバタした日程だった
ため

今日までで休養取れたのは
11月30日、12月3日と4日の3日間
しかありません・・・。


そういう事情のため当初は今週中の記事アップは見送る方針でしたが
今日4日までしか休みが取れそうにない事から現状を書き残す事に決めました。

ただ、今の病状が2日の診察の際に担当医へGが話したように

11月28日深夜頃から
毎日夕方から夜にかけて咳が止まらない、

同日から毎日同じ時間帯に声がかすれてくる、

同日から息切れが一度始まるとなかなか止まらない、

11月29日頃から毎日1回急激な疲れが出て寝込んでしまう、

(当然ながらこうなると寝る時間も不安定)

平衡感覚を失っている、

モニタやTVを長時間見れない、


という感じで毎日過しているので
上記の症状が出たら記事を途中でストップさせるかもしれません。
予め書いておきます。


まあ、2日の段階では5日の日勤の仮シフトがあるものの
2日以降に一度、店長さんから出勤できるか再確認の電話がある事、

来週予定されてる自宅の仕事は1回のみにして量も軽減する事、

絵とか描けないものの音楽を聴く気持ちの余裕ができた事
から

担当医も

「書類は間に合ったのですね?
休みが取れて本当に良かったですねぇ」


と祝福してくれ病状については

「Gさんが過労で体力が落ち
通常の体力では引かない風邪を引いてる可能性がありますし
公的負担の申請など今日まで動いてて
急激な疲れが夕方から夜に出てるので
仮のシフトで組まれてる5日の日勤は
盲腸炎から復帰した夜勤の方の体調次第ですが
出来れば休んで今週いっぱいは動かないようにして下さい」


という診断
をしました。

実際、今日になっても何かの外出も1回くらいしか出来ず
後は疲れがきて寝込んでしまうため
まさしくストレートな診断
だったように思います。

「本当の所、Gさんは5日は出勤できると思っていますか?」

と心配して担当医がGに聞いてもくれましたし。

(その際、Gは28日は大丈夫と思ってたが日に日に不安に思ってると答えました)

そして休養が必要という事で薬の追加は特に無く
公的負担も原本到着までは国保の支払いとなり
原本到着後に繰り上げて医療費が戻ってくる事を会計受付で確認して
帰宅という形となり店長さんに電話するために準備してたのですが・・・


(今日はここで一度目の休憩とします・・・)

そんな時に店長さんから電話がかかってきたのです。

しかも携帯の番号ではなく店長さんの家の番号でかかってきたので
「5日の再確認の電話かなあ・・・?でも今日は家にいるの・・・?」
と思いながら電話に出まして。

内容は以下のようなものでした。

腰痛が持病の店長さんが
(腰痛に関してはGも持病ですが・・・)
12月1日に酷い咳でぎっくり腰になってしまい
そのまま無理して出勤したため
ぎっくり腰を悪化させてしまい
家から動けなくなってしまった、
前日の連絡で申し訳ないが
明日3日の夜勤を交代できないか?


元々、店長さんもGと同じ頃に咳が始まってたので
店長さんの疲れをGも心配してた
のですが
心配が的中した格好となってしまったのです。

交代してあげたいのは山々だったのですが
何分、診断が出た直後であり
仮に無理してGが夜勤に入っても咳などで客対応が出来ない旨を話し
5日の日勤は確定する代わりに3日の夜勤はお断りさせてもらいました。
(事実、Gも3日の午後から病状が出てきましたしね)


店長さんも
「何でこんな時期に腰を・・・」
無念な声で話しており

Gが色々と店長さんを心配して話すと返って不安になるようでしたので
咳が出てた時点で店長さんの疲れを感じてた事をGは話し
「今は少しでも疲れを取らないとダメですよ、
お互いお大事に、ですね」

と伝えました。

店長さんも3日間くらいで復帰できるように動かないでいる
と答えましたが

この状況によって空爆エイイワガメ怪人カマクビガメの各記事で書いた
確実に店に出れる人間が
先月に不幸があった日勤の同僚と
盲腸炎から退院した夜勤の同僚の
2人だけになってしまったという
全く逆の体制になってしまったのが確定
してしまったのです。


まあGと店長さんで一時期切り盛りしてたので無理が生じてしまった格好なのですが

Gも店長さんの腰の症状が長引いた場合、
来週から早くも週2回勤務で復帰になるという格好となり


明日に備えて咳のためのマスクを新しく買って備えてますが

正直、明日5日からどうなってしまうのかが
不安で仕方がありません・・・。


なので休養期間が今日4日までとなってしまったのです。

「運命は必然からではなく偶然から出来ている」
by YUKI


この歌詞が頭をよぎるGなのであります・・・。

今日の鉛筆画はカマクビガメ以来、久々に描いてみました。
当初はバトルフィーバーJのハイド怪人や
宇宙刑事シャリバンのジキルハイドビーストなど正反対をテーマに考えてましたが
もっといい適任がいまして療養中なので無理しない事から起用
しました。

キカイダー01に登場のシャドウロボットの影法師ロボットです。

けっしてストレッチマンや
タイツ!タイツ!タイツ!ではありませんので。


(流石に疲れたので、ここで二度目の休憩とします・・・)

(12月4日PM18:19)

15時半から咳が酷くなり
電話にもまともに対応できず寝込んでしまったため
やむを得ず記事を一時的にストップさせました。


目が覚めてから症状も落ち着いたので
残りの文面を書いておきます。


これが明日の仕事中に起こったらと思うと怖いですが・・・

気を取り直して影法師ロボットの説明を。

01の
後期の敵組織シャドウの最高幹部ザダムが
長年かけて作り上げた影法師製造機。

この影法師製造機の光を受けた影は命を与えられて実体化し人造人間となる。
それを利用して01とビジンダーを抹殺するための「シャドウシャドウ作戦」を
ザダムは
配下幹部であるハカイダーに命じ遂行させる。
影法師製造機を受けて出来た影の人造人間は
影のオリジナルの2倍の能力とオリジナルとは正反対の性格を持つ
ようになるが
実体化していられるのは3分間に過ぎない。
人間から作られた影の人造人間が鉛筆画のような姿で
「影法師ロボット」と呼ばれ額に影の字の刺青がある。
01やビジンダー、ワルダーの影からは
悪の心を持つ「01影」や「ビジンダー影」、犬に強い「ワルダー影」と呼ばれ
姿は01、ビジンダー、ワルダーの姿に酷似しているが
何かしら影を思わせる黒いパーツがあるのが特徴
である。
影法師ロボット達の共通の武器として腕に銃を装備している。
苦戦の末、影法師製造機を破壊された事で作戦は惜しい所で失敗となってしまう。
なお性質上、シャドウロボットの背番号は脚本上から既につけていない。

なので正反対のテーマの特撮キャラとして起用した
というわけです。
01影、ビジンダー影、ワルダー影も機会があったら描いてみたいですね。

今日も体調面があまりよくないようなので
記事もここらで終わらせます。


明日が乗り切れるか、またいつ記事がかけるかはわかりませんが、
今回はこれで失礼します・・・。






「病院へ行ってきましたPart138・Gさん、レッドデンジャー発動。」
「空爆エイのピンポイント爆撃?絨毯爆撃?で記事をしばらく休みます・・・。」
「イワガメ怪人の首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを延ばします・・・。」
「カマクビガメの首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを更に延ばします・・・。」
「ひいろお第17話:援軍」(バトルフィーバーJ)
「ひいろお第16話:悪あがき」(シャリバン)
「ひいろお第13話:ヒーローの末路」(キカイダー01)
[PR]
by gun_gun_G | 2008-12-04 13:35 | 病院系
←menu