病院へ行ってきましたPart137・ストレスMAX状態でゲシュート参上?

c0040422_19123075.jpg


こんばんは、4日ぶりのGでございます。

カノン・ハルコスの記事で書いた緊急事態、
今朝ようやく乗り越えました・・・。


29日に再開した自宅の仕事が意外に早く終わったものの
同日の夜勤が物凄く混んでて
途中までいた店長さんと2人で対応しないと無理な状況

30日は最低限のネット作業した以外は寝る事しかできず
同日は最後の閉店間際が忙しくて結局、今日31日の13時くらいまで寝て
更に18時くらいまで二度寝してました・・・。


28日はお茶の水へ行ってたのですが
他の用事とかも含め案外早く終わったので早めに帰宅してた事から
今回の病院系の記事アップも考えてはいた
ものの、
わざと記事アップはやめておいて後回しにしてました。

というのも、お茶の水の病院の担当医の診断で

「ゆっくり休んで欲しい」

との指示があったので28日も記事を休ませて頂く事にした
のです。
事実、気がついたら寝てましたしね。

(すみません、仕事の電話が入ったので一旦ここまでアップしておきます。)

電話が終わったので続きを。

今回は診断の結果論から先に書きましたが
どういう展開で診断が進んで担当医のその言葉が出たかといいますと・・・

その28日にはお茶の水の病院以外の用件が他に2件あり
午前中に1件済ませてからお茶の水の病院に行った
のですが、
たまたまその日は空いていまして遅く到着したのに普通どおりに出番が来ました。

それで担当医に話したのは
とにかく10月になってから色々ありすぎて不安定であると。

ベル星人の記事で書いたバイト先での転倒による左膝の怪我、

コダイギョ怪人の記事墓石社長の記事で書いた
ネットや電気、携帯が止まりそうになって5日間も食事が出来なかった事、

ヒトツメボーマの記事で書いた自宅の仕事が本格的に始まった事、

アナホリビーストの記事で書いた一旦29日まで自宅の仕事が中断した事、

カノン・ハルコスの記事で書いたバイト先の後輩が急病になって
代理出勤で連投するのと29日からの自宅の仕事が被った事、


をメモに書いてたとおりに順番に話していき
ヒトツメボーマの記事の眼科の結果という明るい材料も伝えた
ものの

プライベートの事柄はほとんどを中断せざるを得なくなった、
(メールとか友人への連絡とか様々な事ですね)

後頭部の痺れが今までで一番広範囲に起こる、

出来事が多すぎて1日のうちに急に不安になったりして精神的に不安定、

顔が引きつって顔面神経麻痺の時のように
左目あたりが下がってる気がする時がある、


とGは話していった
んですね。

ずーっと話を聞いてた担当医は

「バイトの連投?やるの?本当に?連投を?」

と何度かGに聞いてきた後に

「んー・・・バイト先で急病の方がいるのなら仕方ないですよね・・・
本来はまだ連投して欲しくないですが
今回はそういう状況じゃないですからね」

と仰いまして

「この仕事と連投のバイトが終わったら、ゆっくり休んでください」

と結論を早めに出されました。

「10月に色んな事があったでしょう?
今ね、Gさんのストレスは限界の状態になってるんですよ。
以前にも色々あった時にそういう事がありますしね。
だから、
Gさんはこれ以上の仕事は出来ない、と思ってるでしょう?」

「はい」

「もうストレスでそういう判断が出てきてると思うんだよね。
幸いGさんはバイト先の急病の方の代理に備えて
色々とカットしてる事ができてるので大丈夫だとは思いますが・・・
明日からの仕事やバイトが終わったら
出来るだけ仕事を入れないようにしてください」

というやり取りの後に担当医がこう質問してきまして。

「ちゃんと眠れてないでしょう?」

「はい・・・睡眠が最近になって不安定になってまして・・・」

「薬とかで無理に寝ようとすると返っておかしくなりますので
寝れる時にじっくり寝ていた方がずっと楽になりますよ」


「・・・そういうもんなんですか?・・・わかりました」

「Gさん自身で『もう無理だ』と思ってるでしょう?」

「はい・・・」

Gが言ってない事を担当医がズバンズバンと当ててきたので内心ビックリしまして。

「やっぱり休んだ方がいいですよ、
終わったらゆっくりしてください」

「次回4週間後で本当に大丈夫ですか?」


と怒られると思ってたのが凄く優しい言葉を担当医から頂き
Gは思わず涙が出ましたね・・・。


こうして薬を貰ってもう1件の用事を済ませた後に帰宅。
なので冒頭の文章のように28日の記事アップはやめておいたのです。
今回のタイミングで診察が無かったら乗り越えられませんでしたね、多分。


ですので、今回、自宅の仕事や緊急のバイトは終わったのですが
後のメールなどの処理はゆっくりやらせて頂きます・・・。


ということで、鉛筆画なんですが
ストレスが限界に達したというところからの起用

久々に特撮系以外でウルトラ怪獣を起用します。

ウルトラマンコスモスに登場の青銅魔神ゲシュートです。

ストレスMAX状態なのにウルトラマンコスモス、というのも何なんですが。

(ここで一旦休憩に入ります・・・)

どうもPCやってると眠くなってくるのでゲシュートの説明をザッと書きます。
そういえばウルトラマンコスモスネタは初じゃないかな?

ゲシュートは西アジアの紀元前5000年の古代集落跡より

防衛組織チームEYESのドイガキ隊員の大学時代の友人、
吉井カオリが発見し出土に関わった青銅像

人間のストレスを吸収してくれるのだが吸い込みすぎると巨大化して
「怒る神」ゲシュートとなって暴れてしまう。
碑文によると宇宙人からの贈り物
という事らしい。
当初はガラスケースに封印されておりケース入りで日本へ輸送されてきた。
太古ならたまに巨大化し暴れる程度で済んだ
ものが
現代のストレスがあまりにも多く大きいもののため現代で巨大化してしまう。
武器は口から吐く光球で敵のストレスの症状を増幅させてしまう。
また空中を飛び交う能力も持つ。
最後は増幅されたストレスをコロナモードのコスモスに打ち込まれ
吸収しきれずに爆発、元の青銅像に戻り危険な存在のため地中へ戻される事となる。


まさにストレスのウルトラ怪獣、それがゲシュート。
まあ、いつかは起用する事になるとは思ってましたが・・・。

次回はちょっとしたイベントがあります。
あまり負担がかからないイベントですので皆様ご安心を。

それでは今回はコレで失礼します・・・。





「小松投手の通算100勝目を見た日」(カノン・ハルコス)
「ベル星人に引っかかってすっ転んでしまいました・・・」
「来週半ばからネットが出来なくなる可能性が出てきました・・・。」(コダイギョ怪人)
「夏場の仕事のしわ寄せから墓石社長に拝みまして」
「病院へ行ってきましたPart136・ヒトツメボーマのドキドキ視野検査」
「Gの仕事にポッカリとアナホリビーストの穴が開き」
[PR]
by gun_gun_G | 2008-10-31 19:59 | 病院系
←menu